マーラーのCDアルバムを買ってみた-Gustav Mahler Symphony No. 1-

ドイツロマン派(新ドイツ楽派)のクラシック音楽が好きなへうたむさんに影響されて、Gustav Mahler(グスタフ・マーラー)のCDアルバムを買ってみた。

前回のJosef Anton Bruckner(ヨーゼフ・アントン・ブルックナー)「Symphony No.4」(交響曲第4番「ロマンティック」)に続いての第2弾。

関連記事:ブルックナー 交響曲第4番 「ロマンティック」

マーラーの楽曲から選ぶとすれば、どれが良いのか調べていたら、「Mahler Symphony No.1」(交響曲第1番「巨人」)に辿りついた。

交響曲第1番が収録されていて、かつ新品で入手可能なCDアルバムは、Leonard Bernstein(レナード・バーンスタイン)、David Zinman(デイヴィッド・ジンマン)、Klaus Tennstedt(クラウス・テンシュテット)、Kirill Kondrashin(キリル・コンドラシン)、Claudio Abbado(クラウディオ・アバド)の指揮などいくつかあった。

Bruno Walter (Columbia Symphony Orchestra / Sony Records)
Leonard Bernstein (Koninklijk Concertgebouworkest / Deutsche Grammophon)
David Zinman (Tonhalle Orchester Zürich / RCA Records)
Klaus Tennstedt (Chicago Symphony Orchestra / EMI Classics)
Kirill Kondrashin (Sinfonieorchester Hamburg / EMI Classics)
Claudio Abbado (Berlin Philharmonic Orchestra / Deutsche Grammophon)

その中で、今回私が購入したのは、ブルーノ・ワルター指揮の交響曲第1番「巨人」。

Amazonのマーケットプレイスを利用して、431円で入手できた。

ブルーノ・ワルターとクラウス・テンシュテット指揮のどちらを買おうか迷っていた。

どちらも甲乙付つがたかった。

クラウス・テンシュテット指揮のCDも後から買ってしまった。

楽天ポイント(428円)と期間限定クーポン(100)を利用して、706円で入手できた。

なお、マーラーの交響曲第1番「巨人」について詳しく知りたい方は、下記のWEBサイトを参考ください。

コメント

  1. へうたむ より:

    マーラーの交響曲では、第1番『巨人』は短いほうで、楽想とその展開もわかりやすく、マーラーでまず1曲、という時には最適ですね。

    私の持っているのも、ワルター盤です。
    『巨人』は、これ以後大曲の続くマーラーの作曲活動の、その全体の「序曲」的存在といえるでしょうか。

    声楽の含まれる第2番『復活』が、オーディオ的には興味ある存在です。
    さらに大規模な第8番『一千人の交響曲』は、ほとんど再生不能、というより録音不能な存在かもしれません。

    個人的には第9番の終楽章が、深~いところから響いてくる音楽、という感じで、感動的です。

  2. eco人 より:

    なるほど。

    ワルター版とテンシュテット盤の両方を聴きましたが、どちらも心地よかったです。

    ほとんど再生不能と表現された第8番は気になりますね。

    へうたむさんのコメントから、マーラーの交響曲の奥深さが伝わって来ました。