不完全な言語サポート更新でLubuntuを完全な日本語化にする

2008年製のWindows Xpが入っていたパソコンにLubuntu 12.04をインストールしてみた。

Lubuntuとは、Ubuntuから派生したディストリビューションの1つであり、CPUやメモリーが非力なパソコンでも動作するように軽量化されている。

しかし、このままだと日本語化が中途半端なので、言語サポートの更新を行う必要がある。

関連記事:Ubuntu派生のLubuntuをダウンロードしインストールする手順

不完全な言語サポートの更新

端末の起動

キーボードで【Ctrl】+【Alt】+【T】を同時に押す

Windowsで【Ctrl】+【Alt】+【Delete】を押すような感じで

言語サポートの更新

キーボートで【wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add –】を入力する

パスワード】を入力する

キーボードの【Enter キー】を押す

キーボートで【wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add –】を入力する

キーボードの【Enter キー】を押す

キーボードで【sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/oneiric.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list】を入力する

キーボードの【Enter キー】を押す

キーボードで【sudo apt-get update】を入力する

キーボードの【Enter キー】を押す

キーボードで【sudo apt-get upgrade】を入力する

キーボードの【Enter キー】を押す

キーボードで【y】を入力する

キーボードの【Enter キー】を押す

キーボードで【sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja】を入力する

キーボードの【Enter キー】を押す

キーボードで【sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/fonts.conf.d/oneiric-69-language- selector-ja-jp.conf -O /etc/fonts/conf.avail/69-language-selector-ja-jp.conf】を入力する

キーボードの【Enter キー】を押す

キーボードで【sudo fontconfig-voodoo -s ja_JP】を入力する

キーボードの【Enter キー】を押す

キーボードで【sudo apt-get install ibus-anthy ibus-mozc】を入力する

キーボードの【Enter キー】を押す

端末の終了

キーボードで【exit】を入力する

キーボードの【Enter キー】を押す

メニュー

ログアウト

再起動

設定

メニュー

設定

キーボード・インプットメソッド】 または 【通知領域のアイコン】(画面右下)

インプットメソッド タブ

インプットメソッドの選択

日本語

Mozc】を選択する

※インプットメソッド欄でMozcが最も上に位置するように設定する

一般 タブ

フォントとスタイル

システムトレイにアイコンを表示する

言語バーにインプットメソッド名を表示する

アプリケーションウィンドウにプリエディットテキストを組み込む

にチェックを入れる

閉じる】をクリックする