新型モデルのiMacが発売された

最近、デザイナーがなぜWindowsではなくMacを選択するのか、少しだけ垣間見ることができた。

Windows標準では、初めからインストールされているフォント(「Verdana」、「メイリオ」など)が少ないのに対し、Macでは定評ある「ヒラギノ角ゴ・明朝・丸ゴ」はもちろん、「Helvetica」や「American Typewriter」などお馴染みの定番フォントもプリインストールされている。

話変わって、5月3日にAppleからiMacの新型モデル発売された

大きく変わった点は、CPUにSandy Bridge世代の採用(クアッドコア)、グラフィックチップの性能向上(最安モデルもNVIDIAからAMDへ)、Thunderboltインタフェースの搭載、FaceTime向けHDカメラの内蔵の4つとなる。

最も安いモデルは、「MC309J/A」の108,800円。

CPU:Core i 5(2.5GHz)、メモリ:4GB、HDD:500GB、グラフィック:AMD Radeon HD 6750M、モニター:21.5型ワイド(1920×1080)の構成。

普段からネットしたりするのはもちろん、デザインを行う上でも問題のない性能である。

それ以外に、上位モデルの「MC812J/A」(134,800円)、27インチモデル(2560×1440)のMC813J/A(154,800円)と「MC814J/A」(178,800円)も同時にリリースされた。

OSは、Mac OS X v10.6 Snow Leopardがプリインストールされている。

最も安いモデルでも、とても魅力的に感じた。

また、Boot Campを利用して、Windows 7 64bitとMac OS XのデュアルOSで運用できる性能を有している。

次にPCを刷新する時には、複数台ではなく、iMac 1台のみの選択肢もありかなと思い始めている今日この頃…。