iPadでノートパソコンが必要とされなくなるのか

日経トレンディにて、Apple iPadの特集「iPadは本当にノートパソコンを置き換えるか」という記事が掲載された。

その中で、文章内に『自宅にパソコンを置いて、iPadを持ち歩く。』とあるが、私も同様のことを思っていた。

iTunesで音楽・動画・アプリなどを管理および転送するので、パソコンがないと扱うのはほぼ無理である。

iPadを使うには、iPhoneやiPod touchと同様、iTunesがそれなりに快適に動く、ある程度の性能を有するパソコンの所有が必須となる。

性能が非力なネットトップやネットブックを除いた場合、現在売られている新品のほとんどの製品が条件を満たしているので、それほど心配する必要はない。

iPadを手に入れようと考えている方は、現在持っているパソコンの性能を考慮した上で、パソコンとiPadのどちらを先に購入すれば良いのか、判断することになる。

条件を満たしたパソコンを持っていなければ、同じタイミングで買ってしまうといった方法もある。

例えば、Windows環境の場合、Core i5 430 / 4GBの載ったLenovo G560 06792UJ(62,400円~)とiPad WiFi 16GB(48,800円)を合わせて購入したとしても、111,200円~でiPadを使える環境を整えることができる(※1)。

Mac OS X環境の場合は、MacBook(94,800円~)とiPad WiFi 16GB(48,800円)を合わせて購入すると、143,600円~で環境を整えることができる(※2)。

自宅で、基幹マシンとして、少なくともネットブックを除くノートパソコンを含むパソコンが1台は必要となるので、不要にはならない。

けれども、外出用のセカンドパソコンとして買われてきたネットブックは、外で家と同様またはそれに近い作業を行う必要がない限り、iPadで事足りる。

ただ、iPadのソフトウェアキーボードで長い文章を打つのは大変なので、外でブログなどの更新を行おうと考えている方は、ネットブックの方が適している。

また、少し前に、同サイトにて、「中身はスマートフォン、液晶パーツはPC並み!分解して分かったiPadの秘密」が掲載された。

iPadでIPS液晶が使われていることは、仕様が発表された時から注目する点の1つだった。

10~20万円の液晶ディスプレイを使われている部分を見ただけでも、コストパフォーマンスが高い製品と思う。

実際、先日ヨドバシの店頭でWiFi 32GBの実機に触ってきたが、見やすく感じた(※3)。

---

※1.WiFi+3G 16GBの場合、120,720円~で環境を整えることができる。
※2.WiFi+3G 16GBの場合、153,120円~で環境を整えることができる。
※3.目に優しいノングレアではなく、グレアパネルとなっているので、文章を打ったりまたは長い時間ネットをしようと思っている場合、ノングレアフィルムを貼った方が良い。

ただし、動画などはグレアパネルの方が見栄えが良いし、写真も鮮やかに見える。

---

iPadは本当にノートパソコンを置き換えるか
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100604/1032015/

中身はスマートフォン、液晶パーツはPC並み!分解して分かったiPadの秘密
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100528/1031949/?P=2