Acer AXC603-A12D-HDDからSSDへの環境移行 (HDDをフォーマットして再利用)-

Acer AXC603-A12Dには、補助記憶装置として、Western Digital WD5000AAKX-22ERMA0が載っている。

ウエスタンデジタルのWD BlueシリーズのHDDで、容量は500GB。

市場価格は、今でも6,799円~で販売されている製品である。

HDDをSSDに替えて、このまま保守パーツにして使わないのは非常にもったいない。

そこで、以前の記事でも触れているが、HDD内のデータをバックアップ後にフォーマットして、一時データ保管の領域として使うことにした。
※SSDまたはHDDの取り付けスペースを確保するため、DVDマルチドライブは取り外す予定

なお、HDDは現在2つのドライブ(パーティション)に分かれているが、ひとつのドライブとして利用することを想定している。

HDDのフォーマット方法 (ディスクの管理編)

 【スタート】ボタンを右クリック(長押し)する

ディスクの管理】をクリック(タップ)する

または

コンピューターの管理】をクリック(タップ)する

記憶域 > ディスクの管理

フォーマットしたいディスクの「正常」と記された利用可能な領域のボリュームを右クリック(または長押し)して、【ボリュームの削除】をクリック(タップ)する

このボリュームを削除するとボリューム上のデータがすべて削除されます。保存の必要なデータは削除の前にバックアップしてください。続行しますか?

はい】をクリック(タップ)する

※引き続き、「このパーティションを強制的に削除するには、[はい]をクリックしてください。」と表示される場合がある

※2TB以上のHDDの場合

フォーマットしたいディスク部分【(左側の ディスク 数字 の部分)】を右クリック(または長押し)して、【GPTディスクに変換】をクリック(タップ)する

フォーマットしたいディスクの「未割当部分」と記された利用可能な領域のボリュームを右クリック(または長押し)して、【新しいシンプルボリューム】をクリック(タップ)する

新しいシンプルボリュームウィザードの開始

次へ】をクリック(タップ)する

ボリュームサイズの指定

「シンプルボリュームサイズ」を確認する

※最大ディスク領域と同じであれば問題ない

次へ】をクリック(タップ)する

ドライブ文字またはパスの割り当て

次のドライブ文字を割り当てる】を選択する

※変更が必要な場合、右側の【プルダウンメニュー】で設定する

次へ】をクリック(タップ)する

パーティションのフォーマット

このボリュームを次の設定でフォーマットする

ファイルシステム 【NTFS】 (デフォルト)

アロケーション ユニット サイズ 【既定値】 (デフォルト)

ボリューム ラベル 【ボリューム】 (デフォルト)

【クイックフォーマット】にチェックを入れる

次へ】をクリック(タップ)する

新しいシンプルボリュームウィザードの完了

完了】をクリック(タップ)する

※フォーマットしたいディスクが、「フォーマット中」から「正常」に変更されると、フォーマット完了になる

上記の方法では、データ領域のある「HDD D」はフォーマットできるが、システム領域のある「HDD C」はフォーマットできない。

この場合、コマンドプロンプト(MS-DOS)またはパーティション管理ソフトウェアで行う二通りの方法がある。

今回は、コマンドプロンプトでのディスク消去を選ぶことにした。
※フォーマット以降の作業は、「ディスクの管理」で行うことを想定している

HDDのフォーマット (コマンドプロンプト編)

 【スタート】ボタンを右クリック(長押し)する

ディスクの管理】をクリック(タップ)する

または

コンピューターの管理】をクリック(タップ)する

記憶域 > ディスクの管理

※ディスクの管理で、事前に「フォーマットしたいディスクの番号」を確認しておく

スタート】ボタンを右クリック(長押し)する

コマンドプロンプト】をクリック(タップ)する

または

ファイル名を指定して実行】をクリック(タップ)する

cmd】と入力する

OK】をクリックする

diskpart

を入力する

キーボードの【Enter】キーを押す(タップする)

list disk

キーボードの【Enter】キーを押す(タップする)

※再度、「フォーマットしたいディスクの番号」が合っているかを確認する

list partition

を入力する

キーボードの【Enter】キーを押す(タップする)

※パーティション情報の確認 (好みで)

select disk 数字

を入力する

キーボードの【Enter】キーを押す(タップする)

※例えば「select disk 2」と入力すると、「ディスク 2」が指定される

clean

を入力する

キーボードの【Enter】キーを押す(タップする)

「DiskPart はディスクを正常にクリーンな状態にしました。」

※2TB以上の場合

convert gpt

キーボードの【Enter】キーを押す(タップする)

「DiskPart は選択されたディスクを GPT フォーマットに正常に変換しました。」

exit

キーボードの【Enter】キーを押す(タップする)