Win10のISOファイルからインストール用DVD-Rを作成する方法

Windows 10の無償アップグレード期間(7月29日)の終了まで一カ月を切っている。

Media Creation Tool」(Windows 10のメディア作成ツール)を使って、Windows 10のISOファイルをすでにダウンロードして手に入れていることを前提に話を進めようと思う。

関連記事:Media Creation Toolを使いWin10にアップグレードする利点

Windows 10のISOファイルをDVD-Rに書き込むには、一般的にCD/DVDライティングソフトを使うことになる。

Windowsの場合、Windows 7以降に備わったOS標準の書き込み機能を選択する方法もある。

今回は、新たなソフトのインストール作業が不要な、OS標準のライティング機能を使ってDVD-Rに書き込む方法を選ぶことにする。

ディスクメディアにISOファイルを書き込む

「ディスク イメージの書き込み」が表示されている

ISOファイル】(.iso)を右クリックする

ディスク イメージの書き込み】を選択する

ISO ファイルを DVD にコピーしてください

DVD 書き込み用ドライブを開く】をクリックする

【Windows ディスク イメージ書き込みツール】が立ち上がる

ディスク イメージの書き込みを開始するには、[書き込み]をクリックします。

書き込み】をクリックする

ディスク イメージはディスクに正常に書き込まれました。

閉じる】をクリックする

「ディスク イメージの書き込み」が表示されていない

ISOファイル】(.iso)を右クリックする

プロパティ】を選択する

全般タブ】を開く

変更】をクリックする ※【プログラム】の右横

この.iso ファイルを今後どうやって開きますか?

その他のアプリ】をクリックする

この PC で別のアプリを探す】をクリックする

PC】>【Cドライブ】>【Windows】>【System 32 フォルダ

System 32フォルダから【isoburn.exe】を選択する

※エクスプローラーの検索バーに【isoburn】と入力すると、瞬時に見つけることができる

開く】をクリックする

プログラムが【Windows ディスク イメージ書き込み】に変更されたのか確認する

OK】をクリックする