Win10のISOファイルからインストール用USBメモリの作成方法

Windows 10の無償アップグレード期間(7月29日)の終了まで一カ月を切っている。

Media Creation Tool(Windows 10のメディア作成ツール)を使って、Windows 10のISOファイルをすでにダウンロードして手に入れていることを前提に話を進めようと思う。

関連記事:Media Creation Toolを使いWin10にアップグレードする利点

Windows 10のISOファイルをUSBメモリに書き込むには、一般的にブータブルUSBメモリ作成ソフトを使うことになる。

ブータブルUSBメモリ作成ソフトは、Windows USB/DVD Download ToolUNetbootinUSBWriterなどがあるが、今回はRufusを取り上げることにする。

Rufus

入手

窓の杜にアクセスする

Rufus

窓の杜からダウンロード】をクリックする

ダウンロード

dforest.watch.impress.co.jp から rufus.exe を実行または保存しますか?

保存】をクリックする

rufus.exe のダウンロードが完了しました。

実行】をクリックする

設定

このアプリが PC に変更を加えることを許可しますか?

はい】をクリックする

※Rufusが起動する

項目が日本語になっていない場合

地球 アイコン】(右上)をクリックする

※アプリケーションの使用言語を変更

Japanese (日本語)】を選択する

デバイス:【USBメモリーのドライブパス

パーティション構成とターゲットシステムの種類:【MBR BIOSまたはUEFI-CSMコンピュータ用のパーティション構成

ファイルシステム:【NTFS

クラスタサイズ:【4096 バイト (デフォルト)

新しいボリュームのレベル:【○○○○○】

※好みで変更可能

フォーマット設定

不良ブロックを検出します (チェックを入れない)

クイックフォーマット】にチェックを入れる

ブートディスクを作る】にチェックを入れる

機能拡張されたラベルとアイコンファイルを作成します】にチェックを入れる

2パス】を選択する

実行

ISOイメージ】を選択する

ディスク アイコン】(上記の右側)をクリックする

※イメージを選択するするためにクリックしてください。

左側の一覧からWindows 10のISOファイル(.iso)のあるドライブ・フォルダを指定する

開く】をクリックする

スタート】をクリックする

警告:デバイス ‘○○○○○’ のデータは消去されます。続けるには、OKをクリックします。取り消すには、キャンセルをクリックします。

OK】をクリックする

閉じる】をクリックする

USBメモリの取り外し

通知領域にある【USB アイコン】をクリックする

※ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す

USB Flash Diskの取り出し】をクリックする

※USBメモリの型番が表示される場合がある

ハードウェアの取り外し」が表示されたら、PCからUSBメモリを抜く

※設定によっては、表示されない場合がある