Windows 10で起動やスリープ解除時にパスワード入力を回避する方法

Windows 10の無償アップグレード期間(7月29日)の終了まで一カ月を切っている。

Windows 10のインストールがすでに終えていることを前提に話を進める。

関連記事:Windows 7からWindows 10にアップグレードする手順
関連記事:Windows 8.1からWindows 10にアップグレードする手順

今回は、Windows 10のパスワード入力を回避する設定について取り上げたいと思う。

Windows 10起動時のパスワード入力を回避

スタート】を右クリックする

ファイル名を指定して実行】を選択する

ファイル名を指定して実行

「名前」の欄に【netplwiz】または【control userpasswords2】と入力する

OK】をクリックする

ユーザーアカウント

このコンピューターのユーザー

自動サインインを行いたいアカウント】をクリックする

ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要】のチェックを外す

OK】をクリックする

自動サインイン

ユーザー名:【変更しない

パスワード:【パスワード

パスワード:【パスワード

OK】をクリックする

スリープ(スタンバイ)解除時のパスワート入力を回避

スタート】を右クリックする

コントロール パネル】を選択する

※表示方法:【大きいアイコン

電源オプション】をクリックする

電源オプション

左側から【スリープ解除時のパスワード保護】を選択する

電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化

現在利用可能ではない設定を変更します】をクリックする

スリープ解除時のパスワード保護

パスワードを必要としない】を選択する

変更の保存】をクリックする

※PCが【クリック】の箇所は、タブレットの場合は【タップ】に置き換える

※PCが【右クリック】の箇所は、タブレットの場合は【ロングタップ】(タップし続ける)に置き換える