Win10にPrivateFirewallをインストールしてセキュリティ対策

無料ファイアーウォールは、以前にインストール手順と設定を紹介したComodo Free Firewall以外に、Free FirewallPC Tools Firewall PlusPrivateFirewallWindows Firewall ControlZoneAlarm Free Firewallなどがある。

※PC Tools Firewall Plusはシマンテックに、ここでは取り上げていないOutpost Firewall Freeはヤンデックス(ロシアの検索エンジンなどを手掛けているネット企業)に買収された

関連記事:Windows 10にComodo Free Firewallを導入しセキュリティ対策

これまでは、強固なセキュリティで定評あるComodo Free Firewallを使っていた。

しかし、Celeron J1900(Atom CPUのデスクトップ版SoC)には少し荷が重いようで、特にWindows 10 Anniversary Updateに更新してからは、ブラウザなど複数のソフトを開きながら作業しているときに、しばらくフリーズする現象が起こるようになった。

今までと同じような環境とペースで作業できなくなっていたので、とても困っていた。

そこで、動作が軽いことで定評あるPrivateFirewallをインストールして試すことにした。

PrivateFirewall

ダウンロード

PrivateFirewallにアクセスする

DOWNLOAD PRIVATEFIREWALL NOW!】をクリックする

privacyware.com からprivatefirewall.exe を実行または保存しますか?

保存】をクリックする

privatefirewall.exe のダウンロードが完了しました。

実行】をクリックする

インストール

このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?

はい】をクリックする

Welcome to the InstallShield Wizard for Privatefirewall

Next】をクリックする

License Agreement

I accept the terms in the license agreementを選択する

Next】をクリックする

Destination Folder

Next】をクリックする

※インストール先のフォルダを変更するときは【Change】をクリックする

Ready to Install the Program

Install】をクリックする

InstallShield Wizard Completed

Finish】をクリックする

You must restart your system for the configuration changes made to Privatefirewall to take effect. Click Yes to restart now or No if you plan to restart later.

Yes】をクリックする

パソコンが再起動する

設定

設定】(Fileの下のアイコン)をクリックする

または

通知領域の【Privatefirewall】アイコンをクリックする

右クリックして、【Settings】をクリックする

Settings

Basic タブ

Security Alert and Threat Management Options

Standard Control: Alert and Auto-Respond】を選択する

○【Manual Control: Require User Input for All Alerts】

□【Display alerts for blocked incoming/outgoing packets】

□【Disable Auto-Response】

□【Always display alerts for new outgoing connections】

□【Disable Trusted Publisher feature】

Display Options

□【Show main menu every time Privatefirewall is launched】

□【Show main menu when a dial-up connection is established】

□【Disable startup splash screen】

Display Tray Alerts for 【60】seconds 【30】秒を【60】秒に変更する

□【Disable auto-update feature】

Advanced タブ

Firewall and Process Monitor settings

□【Enable Process Detection】

□【Enable Training】

Training period: 【3】Days

【Detected Applications】 【Trusted Publishers】

Email Anomaly Detection

□【Enable Detection】 □【Block all outbound Email】

Training period: 【7】Days 【Training Statistics】

System Anomaly Detection

□【Enable Detection】 Sensitivity threshold: 【60】%

Training period: 【7】Days 【Training Statistics】

OK】をクリックする

使い方

Process Monitor

PRIVATEFIREWALL ALERT

xxxxx.exe

xxxxx xxxxx (no signature)

□【Trust this Publisher】にチェックを入れるか否かはどちらでも構わない

Allow】をクリックする (許可)

Block】 をクリックする (拒否)

※許可する場合、【Block (nn)】の(nn)が0になる前、60秒以内に【Allow】をクリックする

Outgoing Traffic

PRIVATEFIREWALL ALERT

xxxxx.exe

(no signature)

□【Trust this Publisher】

Allow】をクリックする (許可)

Block】 をクリックする (拒否)

※許可する場合、【Block (nn)】の(nn)が0になる前、60秒以内に【Allow】をクリックする