ラジオの録音-ラジオ・チューナーからの録音-

前回のブログで取り上げたS Recのインストールは、あらかじめ好きな場所にフォルダ(Ex.CドライブのProgram FilesにS Recフォルダ)を作成、そこに解凍したファイルを移し、デスクトップにショートカットを作れば終わりといたって簡単である。

ただし、フォルダの属性が「読み取り専用」になっていないか、フォルダーの上で右クリック-プロパティして確認しておく必要がある。

基本設定についてだが、あらかじめ好きな場所にフォルダを作り(Ex.デスクトップ上にS Recフォルダ)を作成、録音ファイルの指定で「一時ファイル」と「保存フォルダ」を先ほど作成したフォルダに指定する。出力形式は、「午後る」にチェックを入れる。

ただし、午後のこ~だに含まれるgogo.dllがS Recのフォルダに同梱されていないと機能が働かないので、午後のこ~だをインストールし、新たにできたフォルダ(Program FilesのWingogoフォルダ)内にあるgogo.dllをS Recのフォルダにコピーする。

MP3ファイルは、リアルタイム変換ではなく録音が終わった後にWAVからMP3へと変換されるので、HDDの残り容量には注意が必要である。

タイマー録音の設定についてだが、「開始時刻(開始日と時刻)」と「録音時間(時間・分)」を設定し、「セット!」ボタンを押せば完了である。

時刻の設定方法についてだが、例えば3月17日の24:30から始まる30分番組を録音したい場合、「開始時刻」を2010/03/18 00:29:45、「録音時間」を0時間31分にすれば31分5秒のファイルができ上がる。

ただし、ラジオをあらかじめ録りたい放送局にセットし、また番組が始まる前にラジオのスイッチをONにする必要がある。

なお、放送終了後にパソコンを自動でシャットダウンしたい場合、電源オフタイマーをインストールすれば実現できる。

好きな場所にフォルダ(Ex.CドライブのProgram FilesにPWOffTimerフォルダ)を作成、そこに解凍したファイルを移し、デスクトップにショートカットを作れば終わりといたって簡単である。

S Recと同様、フォルダの属性が「読み取り専用」になっていないか、フォルダーの上で右クリック-プロパティして確認しておく必要がある。

基本設定についてだが、電源オフ時刻を設定(Ex.録音終了後から15分)、電源オフ設定を「通常終了」、電源オフ種類を「電源オフ」と選択し、最後に「設定を有効にする」をクリックすれば完了である。

余談だが、あらかじめ放送開始前にパソコンのスイッチを自動で入れておきたい場合、BIOSがタイマー起動機能に対応していなければできない。