Intel NUCにKona Linux jackインストール手順と高音質OS紹介

オーディオPCが組みあがったら、次はOS(オペレーティングシステム)の選定になる。

Mac miniやMacBookであればMac OS X、市販のメーカー製パソコンであればWindowsがプリインストールされている。

しかし、自身で組み立てる自作パソコンだと、パソコンショップで売られている一部のキットを除いてOSはインストールされていないので、もちろんIntel NUCにもOSは入っていない。

そこで、WindowsかLinuxのいずれかをインストールすることになるが、予算に余裕があれば有料のWindows、逆に予算に余裕がなければ無料のLinuxという選び方が無難と思われる。

Windowsの場合、Windows 10またはWindows 8.1から選ぶことになる。

※Windows 7には、USB3.0ドライバが含まれていないのでオススメしない

Linuxの場合、Debian系(Linux MintUbuntuなど)、Red Hat系(CentOSFedoraなど)、独立系(Arch LinuxGentoo Linuxなど)などのディストリビューション(簡単に言えばパッケージ管理システム)がある。

オーディオに力を入れているディストリビューションは、Audiophile Linux(Arch Linuxベース)、Kona Linux jack(Debianベース)、Ubuntu Studio(Ubuntuベース)などがある。

※リアルタイムカーネルやローレイテンシーカーネルに対応したディストリビューション

今回は、その中からKona Linux jackを選ぶことにする。

関連記事:INTEL NUCで構築するコンパクトな省エネオーディオシステム

Kona Linux jack

※Kona Linux 3.0をインストールすることを想定

ダウンロード

Index of /Linux/simosnet-livecd にアクセスする

ディストリビューションの一覧から【konalinux/】をクリックする

Kona Linuxの一覧から【konalinux-n.n-jack.iso】をクリックする

例.【konalinux-n.n-jack_i386】32ビット、【konalinux-n.n-jack_x86_64】64ビット

ftp.riken.go.jp から konalinux-n.n-jack_.iso を開くか、または保存しますか?

保存】をクリックする

konalinux-n.n-jack_.iso のダウンロードが完了しました。

×】をクリックする

ライティング

空のCD-RまたはDVD-Rを1枚か、USBメモリーまたはMicroSDカードを1つ準備する

BD-RやDVD-Rなどディスクメディアに書き込むときは、以下の記事を参照。

関連記事:Win10のISOファイルからインストール用DVD-Rを作成する方法

USBメモリやMicroSDカードなどメモリーカードに書き込むときは、以下の記事を参照。

関連記事:Win10のISOファイルからインストール用USBメモリの作成方法

インストール

起動時のメーカーロゴ(パソコンやマザーボードなど)が表示されている間に…

キーボードの[F8]キーを連続で何回か押す([F10]キー、[F12]キー、[Delete]キーの場合もある)

※下の方に指示があれば、キーボードの[該当する]キーを連続で何回か押す

BOOT MENUが立ち上がる

キーボードの[]キーで、【起動したいデバイス】を選択する

キーボードの[Enter]キーを押す

Reboot and Select proper Boot device or Insert Boot Media in selected Boot device and press a key_

または

Press any key to boot from CD……

キーボードの[Enter]を押す

※上記の文章が表示されずに、次のGRUB loaderの選択画面に進んでしまうこともある

Konalinux Live CD

Live

キーボードの[Enter]を押す

※LiveCD起動

デスクトップ上にある、【Konalinuxのインストール】をダブルクリックする

これはライブインストーラーです
ハードディスクにシステムをインストールします
続けますか?

Yes】をクリックする

生成するロケールの選択:

ja_JP.UTF-8 UTF-8

進む】をクリックする

システム標準の環境変数として設定するデフォルトロケール:

ja_JP.UTF-8

進む】をクリックする

キーマップ処理のポリシー:

キーマップをいじらない

進む】をクリックする

キーボードモデル:

標準105キー(国際)PC

進む】をクリックする

キーボードのレイアウト:

日本語】を選択する

進む】をクリックする

AltGrとして機能させるキー:

キーボード配置のデフォルト】を選択する

コンポーズキー:

コンポーズキーなし】を選択する

】Xサーバを強制終了するのにControl+Alt+Backspaceを使いますか?

進む】をクリックする

OKをクリックすると続行します

OK】をクリックする

パーティションのドライブを選択してください

sda】を選択する

OK】をクリックする

パーティション】>【削除

この作業は「ディスク /dev/sda上の全データを削除」します

適用】をクリックする

パーティション】>【New

新規パーティションの作成

新しいサイズ:【パソコンに搭載しているメモリー容量による】

例.2GB (2048MB)、4GB (4096MB)、8GB (8192MB)、16GB (16,384MB)

種類:【基本パーティション

ファイルシステム:【linux-swap

追加】をクリックする

パーティション】>【New

新規パーティションの作成

種類:【基本パーティション

ファイルシステム:【ext4

追加】をクリックする

編集】>【保留中の全ての操作を適用する

本当に保留中の操作を適用してもよろしいですか?

適用】をクリックする

全ての操作が無事完了しました

閉じる】をクリックする

×】をクリックする

使用するスワップパーティションを選択してください

sda1】を選択する

OK】をクリックする

Rootシステムをインストールするパーティションを選択してください

sda2】を選択する

OK】をクリックする

ルートパーティションのファイルシステムを選択してください

ext4】を選択する

OK】をクリックする

/homeをインストールするパーティションを選択してください

root】を選択する

OK】をクリックする

あなたの情報を入力してください

ルートのパスワード: ※suコマンドを使用する時のパスワード
ルートのパスワード再入力:
新ユーザーの名前:
新ユーザー名(ID):
新ユーザーのパスワード: ※sudoコマンドを使用する時のパスワード
新ユーザーのパスワード再入力:
ホスト名:

例.ホスト名は、ローカル環境であれば【コンピュータ名】、グローバル環境であれば【ドメイン名】を入力

OK】をクリックする

grubのインストール先を選択してください

sda】を選択する

OK】をクリックする

システムクロックを現在のローカルタイムに設定しますか?

Yes】をクリックする

タイムゾーンを選択してください

Asia/Tokyo】を選択する

OK】をクリックする

以下の情報でいいかどうか確認してください

続けますか?

Yes】をクリックする

インストールが完了しました
作業を終了しシステムをリブートしますか?

Yes】をクリックする

※OSの再起動

ログイン画面

上の欄に【ユーザー名(ID)】を入力する

下の欄に【ユーザーのパスワード】を入力する

Log In】をクリックする