DACを購入するにあたっての条件定義

Sotec HDC-1LにWindows 7(64Bit)をインストールしたので、WASAPIによる音声出力ができるようになった。

『これでWindowsのカーネルミキサーから解放されて、音楽を思う存分楽しむことが出来るのかな』と思っていたところ、Windows Xpの環境では起きなかったことが発生した。

それは、いつも愛用しているfoobar2000でALAC(Apple Lossless)やMP3(192kbps)を聴いていると、時たま『プチプチ』とノイズが乗る現象が見られるようになったことだ。

MP3を聴いている時は、それほど目立たないのだが、より音質の良いALACでは結構目立つので非常に困っている。

原因を特定するために、普段はヘッドホンアンプとして使っているAudiotrak PRODIGY CUBE(外付けオーディオI/F)を繋いで、早速音を聴いてみたのだが、特にノイズが乗ることはなかった。

これは、foobar2000ではなく内部の回路設計に原因があると思い、HDC-1L AUDIO(PCM1796 x2)を使うことをあきらめ、トランスポートとして使うことにした。

初めは、そのままPRODIGY CUBEでの音声出力で音楽を楽しもうと思っていた。

しかしながら、聴いているうちに、幾つか不満が出るようになった。

音がクリアなことは良かったのだが、積んでいるDAC(WM8776)のせいなのか、回路設計の特性なのか、Turtle Beach Santa Cruz(CS4630)のように薄くかつ軽く感じてしまうようになった。

オペアンプが交換できるので、手持ちのものを色々と変えてみたが、最終的に私の好みではないという結論にたどり着いた。

それに、Pioneer A-UK3で音量調整しているのに、更にPRODIGY CUBEのボリュームでも調整しなければならず、毎回その作業が煩わしかった。

≪購入条件≫

・価格は10万円以下(実売)

・USBインターフェースがある

・マスターボリュームがない

・欧州メーカー

[USBインターフェースのある、10万円以下のDAC]

・ Pro-Ject USB BOX SLV

・ Musical Fidelity V-DAC

・ Cambridge Audio Dac Magic

・ Chord CHORDETTE GEM

・ Atoll DAC100