Geanee WDP-71をWin8.1からWin10にアップグレード手順と設定

Windows 8.1からWindows 10に無償アップグレードした。

その手順をまとめておくことにした。

関連記事:Geanee WDP-71をWin8.1からWin10アップグレードの注意その後

Windows 10のアップグレード

インストール

スタート】を右クリックする

エクスプローラー】をクリックする

または

クイック起動の【エクスプローラー】アイコンをクリックする

PC】をクリックする

ドライブ (X)】をダブルクリックする

setup.exe】をダブルクリックする

次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?

はい】をクリックする

重要な更新プログラムをインストールします

●【更新プログラムをダウンロードしてインストールする】を選択する

□【Windowsインストールの品質向上に協力する】はチェックしない

次へ】をクリックする

ライセンス条項

同意する】をクリックする

インストールする準備ができました

インストール】をタップ(クリック)する

空き容量不足の場合

空き容量が不足しています

9.00GBの空き容量がある別のドライブを選ぶか、外部ドライブを接続してください】をクリックする

UsbStorage (X:) – 14.8GB 空き】を選択する

※16GBのMicroSDカードの場合

更新】をタップ(クリック)する

設定

ようこそ、こんにちは

パスワード】を入力する

※パスワードによるログイン機能を有効にしている場合、ここで入力する

次へ】をクリックする

すぐに使い始めることができます

設定のカスタマイズ】をクリックする

個人用設定

連絡先、カレンダーの詳細、その他の関連する入力データを Microsoft に送信して、音声認識、タイピング、手書きによる入力を個人用に設定します。

オフ】に設定する

タイピングと手書きのデータを Microsoft に送信して、認識と候補のプラットフォームの改善に役立てます。

オフ】に設定する

アプリ間のエクスペリエンスのために、アプリが広告識別子を使うことを許可します。

オフ】に設定する

位置情報

Windows とアプリが、位置情報や場所の履歴を要求することを許可します。Microsoft と信頼されたパートナーに位置情報データの一部を送信して、位置情報サービスの改善に役立てます。

オフ】に設定する

次へ】をタップ(クリック)する

ブラウザーと保護

SmartScreen オンライン サービスを使って、Windows ブラウザーまたはストア アプリが読み込む悪意のあるコンテンツやサイトのダウンロードから保護することができます。

オン】に設定する

Windows ブラウザーでページ予測を使って読み取りの改善、閲覧速度の向上、全体的な使用感の向上を図ります。閲覧データは Microsoft に送信されます。

オフ】に設定する

接続とエラー報告

推奨されるオープン ホットスポットに自動的に接続します。すべてのネットワークがセキュリティで保護されているとは限りません。

オフ】に設定する

連絡先によって共有されたネットワークに自動的に接続します。

オフ】に設定する

エラーの詳細と診断情報を Microsoft に送信します。

オフ】に設定する

次へ】をクリックする

新しい Windows 用の新しいアプリ

既定のアプリを選択】をクリックする

□【フォト】のチェックを外す

□【ミュージック】のチェックを外す

□【Microsoft Edge】のチェックを外す

□【映画 テレビ】のチェックを外す

次へ】をクリックする

起動

ユーザー名

パスワード】を入力する

】をクリックする