Geanee WDP-71をWin10 Anniversary Update適用方法と注意点

Windows 10の大型アップデートである「Windows 10 Anniversary Update」(Redstone 1)が日本時間の8月2日26時(8月3日2時)から提供されている

Windows 10 更新 アシスタントを実行したら、以下のような結果だったので、Geanee WDP-71を「Windows 10 Anniversary Update」にアップデートすることにした。

関連記事:Geanee WDP-71をWin10 Anniversary Update更新できるか否か

この PC はWindows 10 を実行できます

CPU:OK
メモリ:OK
ディスク領域:『お使いの PC の空きディスク領域を増やす必要があります(必要な領域は 16 GBです)。』

8月4日 追記

Geanee WDP-71には、色んなソフトをインストールしていて、内臓ストレージの空き容量に余裕がなかったので、これまでWindows 10[バージョン 1511]のアップデートを適用していなかった。

そこで、今回Windows 10[1511]をパスして[バージョン 1607]にしようとしたら、インストール用USBメモリを作る際に使ったISOファイルが1つ前のWindows 10[1511]だった。

なお、Windows Updateでは、【更新プログラムのチェック】をタップしても、『お使いのデバイスは最新の状態です』と表示される。

※バージョン情報を確認したら、バージョン[1511]、OSビルド[10586]だった

関連記事:Geanee WDP-71をWin10 Anniversary Updateに更新手順と設定

WDP-71の本体以外に、MicroSDHC(16GB以上の製品)、USBメモリ(4GB以上の製品)、micro B to AのUSB変換アダプタの3点セットがあればアップデートできる。

余談だが、メディア作成ツールでWindows 10のインストール用USBメモリを作成しているとき、使用しているセキュリティソフトによっては、「このツールの実行中に問題が発生しました」(0x80070005 – 0xA0019)とエラー表示される。

USBメモリの中身を確認すると、「autorun.inf」のファイルのみ。

その原因は、Avira Free Antivirusなどセキュリティソフトがautorunの自動実行を禁止する設定になっているからだ。

※「自動実行がブロックされました」というポップアップが出てくる

※Windows 8以降に標準インストールされているWindows Defenderでは発生しない

Avira Free Antivirus

autorunの自動実行禁止解除

通知領域の【Avira Free Antivirus】アイコンを右クリックする

Open Avira Launcher】をクリックする

※「自動実行がブロックされました」というポップアップが出てきた場合、【OK】ではなく【設定】をクリックする

Free Antivirusアイコンにカーソルを合わせる

Open】をクリックする

その他】>【構成

全般】をクリックする

セキュリティ】をクリックする

自動実行

□【自動実行機能のブロック】のチェックを外す

OK】をクリックする

このアプリが PC に変更を加えることを許可しますか?

はい】をクリックする

×】をクリックする