Windows 10にExifEraserを導入し画像ファイルの個人情報削除

デジタルカメラはもちろん、特にスマートフォンが老若男女に普及してから、フィルム代や現像代がかからないこともあって、普段から気軽に写真を撮る機会がとても増えた。

Facebook、Flickr、Google+、Instagram、Pinterest、TwitterなどSNSにフォトをアップロードする人も多くなったが、実は画像ファイルにはいろんな情報(Exif情報)が含まれていることを知らない人も意外と多い。

※Facebook、Flickr、Instagram、Twitterは、Exif情報が自動で削除される

Windows環境であれば、画像ファイルを右クリックして【プロパティ】を選び、【詳細】タブをクリックすると、以下の情報を見ることができる。

画像ファイルから分かる情報

説明

タイトル・件名・評価・タグ・コメント

元の場所

作成者・撮影日時・プログラム名・取得日時・著作権

イメージ

イメージ ID・大きさ・幅・高さ・水平方向の解像度・垂直方向の解像度・ビットの深さ・圧縮・解像度の単位・色の表現・圧縮ビット/ピクセル

カメラ

カメラの製造元・カメラのモデル・絞り値・露出時間・ISO 速度・露出補正・焦点距離・最大絞り・測光モード・対象の距離・フラッシュ モード・フラッシュ エネルギー・35mm 焦点距離

高精細

レンズ メーカー・レンズ モデル・フラッシュ メーカー・フラッシュ モデル・カメラ製造番号・コントラスト・明るさ・光源・露出プログラム・彩度・鮮明度・ホワイト バランス・光度測定解釈・デジタル ズーム・EXIF バージョン

ファイル

名前・項目の種類・フォルダーのパス・作成日時・更新日時・サイズ・属性・利用可能性・オフラインの状態・共有ユーザー・所有者・コンピューター

その他に、GPSの緯度や経度が記録されていることもある。

※現在いる位置が特定される情報になる

身近な例

デジカメの場合、例えばOlympus XZ-2で撮った写真であれば、撮影日時・プログラム名・大きさ・幅・高さ・水平方向の解像度・垂直方向の解像度・ビットの深さ・解像度の単位・色の表現・カメラの製造元・カメラのモデル・絞り値・露出時間・ISO速度・露出補正・焦点距離・最大絞り・測光モード・フラッシュモード・35mm焦点距離・コントラスト・光源・露出プログラム・彩度・鮮明度・ホワイトバランス・デジタルズーム・EXIFバージョンを知ることができる。

スマートフォンの場合、例えばApple iPhone 5で撮った写真であれば、撮影日時・プログラム名・大きさ・幅・高さ・水平方向の解像度・垂直方向の解像度・ビットの深さ・解像度の単位・sRGB・カメラの製造元・カメラのモデル・絞り値・露出時間・ISO速度・露出補正・焦点距離・測光モード・フラッシュモード・35mm焦点距離・明るさ・露出プログラム・ホワイト バランス・EXIF バージョンを知ることができる。

情報の削除方法 (1枚)

では、それらの個人情報を悪用されないために削除する方法はないのだろうか。

詳細】タブの左下

プロパティや個人情報を削除】をクリックする

これらのプロパティに個人情報が含まれている場合があります。

●【可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成

○【このファイルから次のプロパティを削除

※削除する情報を変更したいときは【このファイルから次のプロパティを削除】を選択する

OK】をクリックする

※Exif情報が消された、XXXXXXXX – コピー.xxx というファイルが作られる

エラーが表示された場合

ファイルハンドルが無効です。

スキップ】をクリックする

デジカメの場合、大きさ・幅・高さ・水平方向の解像度・垂直方向の解像度・ビットの深さ・解像度の単位・色の表現・絞り値・露出時間・露出補正・焦点距離・最大絞り・デジタルズームの情報しか残らない。

Exif情報削除ソフト

Exif情報を削除できるソフトとして、ExifEraserF6 Exifなどがある。

今回は、ExifEraserを使うことにした。

ExifEraser

ダウンロード

VectorのExifEraserにアクセスする

ダウンロードページへ】をクリックする

このソフトを今すぐダウンロード】をクリックする

ExifEraser.zip で行う操作を選んでください。

保存】をクリックする

ExifEraser.zip のダウンロードが完了しました。

ファイルを開く】をクリックする

ファイルの解凍

ExifEraserSetup.msi】をクリックする

※クリックしながら解凍したい場所(デスクトップなど)までカーソルを移動して、ファイルを置きたい場所でクリックをやめる

インストール

ExifEraserSetup.msi】をダブルクリックする

ExifEraser セットアップ・ウィザードへようこそ

次へ】をクリックする

インストール フォルダの選択

インストーラは次のフォルダへ ExifEraser をインストールします。

※インストール先のフォルダを変更するときは【参照】をクリックする

ExifEraser を現在のユーザー用か、またはすべてのユーザー用にインストールします

○【すべてのユーザー

●【このユーザーのみ

次へ】をクリックする

インストールの確認

次へ】をクリックする

この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?

はい】をクリックする

インストールが完了しました。

閉じる】をクリックする

設定

デスクトップにある【ExifEraserのアイコン】をダブルクリックする

Exif 情報を削除する方法を選択してください。

●【ドラッグしたファイルの Exif 情報を削除する。

○【ドラッグしたファイルを指定したフォルダにコピーして Exif 情報を削除する。

※元のファイルに情報を残したままにしておきたい時は【ドラッグしたファイルを指定したフォルダにコピーして Exif 情報を削除する。】を選択する

OK】をクリックする

使い方

情報の削除したい画像ファイルをドラッグ&ドロップする(+ ExifEraser で開く)

※設定で【ドラッグしたファイルの Exif 情報を削除する。】を選んだのであれば、Exif情報の消された画像ファイルが出来上がる

Exif 情報の削除処理が完了しました。

OK】をクリックする

デジカメの場合、大きさ・幅・高さ・水平方向の解像度・垂直方向の解像度・ビットの深さ・色の表現以外の情報は削除された。

その他

一度に多くの画像ファイルのExifデータを削除するだけではなく、縮小などリサイズを同時にしたい時は、Ralpha Image Resizerを使えば実現できる。