WordPressプラグインのJetpackでアクセス解析してサイト改善

ウェブサイトを把握または改善してより良くしたい時に、アクセスログ解析はとても役立つ。

SEO対策にも使える、無料で利用できるアクセス解析サービスは、AccessAnalyzerAce-AnalyzerFC2アクセス解析Google アナリティクスi2i.jp アクセス解析User Local スマートフォン解析ツールYahoo!アクセス解析アクセス解析研究所忍者アクセス解析忍者アナライズなどがある。

※個人的には、Google アナリティクスのデータを解かり易く分析できる解かりティクス(ワカリティクス)というサービスが気になった

以前は、さくらインターネットのレンタルサーバー(ライト)を借りていたので、アクセスログ解析は標準で備え付けられていたWebalizerを主に使っていた。

さくらのメールボックスは未だに重宝している

現在は、GMOデジロックのCORESERVERを借りているので、アクセスログ解析は同じ会社がサービスを提供しているAccessAnalyzerを使っている。

Analogが標準で備えつけられているが、データのダウンロードが面倒で全く使っていない

※今は、VALUE SERVERの方がお得、そしてAWStatsというアクセスログ解析が気になった

さらに、WordPressに移行してからGoogle アナリティクス、そして最近はWordPress.com 統計情報を導入した。

WordPressのテーマにSimplicity2を使っている場合、導入しやすさであればGoogle アナリティクスとWordPress.com 統計情報。

Google アナリティクスは、カスタマイズの画面から、WordPress.com 統計情報は対応プラグインの設定画面またはメニューから簡単に設定できる。

では、WebalizerやAccessAnalyzerよりもGoogle アナリティクスやWordPress.com 統計情報を使う利点は何なのか。

それは、Google アナリティクスの利用であればG Analyticsなど、WordPress.com 統計情報の利用であればJetpack by WordPress.comなどのアクセス解析プログラムプラグインをインストールすることによって、ダッシュボードのウィジェットで簡単に見られるようになる点。

WordPressのダッシュボードでアクセスログの解析結果を確認できるアクセス解析プログラムプラグインは、その他にCount per DayGoogle AnalyticatorGoogle Analytics by MonsterInsightsGoogle Analytics Dashboard for WPheatmap for WordPress – Realtime analyticsPtengine – Heatmap AnalyticsWP Slim Stat AnalyticsWP Statisticsなどがある。

高性能かつ定評あるWP Slim Stat Analyticsは、いつか導入して試してみたいと思っている。

※Google Analytics by MonsterInsightsとは、旧Google Analytics by Yoastのこと

関連記事:WordPressにプラグインをインストールして制作環境を整える

Jetpack by WordPress.com

インストール

プラグイン】>【新規追加】と辿りながらクリックする

プラグインの検索

Jetpack by WordPress.com】と入力する

今すぐインストール】をクリックする

有効化】をクリックする

プラグイン

プラグインを有効化しました。

WordPress.com アカウント

WordPress.com アカウントに連携するかアカウントを作成して、jetpack を有効にしてください。

WordPress.com と連携】をクリックする

WordPress.com アカウントを作っている場合

Already have an account? Sign in】をクリックする

Username or Email:【ハンドルネーム】または【メールアドレス】を入力する

Password:【パスワード】を入力する

□【Stay signed in】にチェックを入れない

Log In】をクリックする

Completing connection

Approve】をクリックする

WordPress.com アカウントを作っていない場合

Your email address:【メールアドレス】を入力する

Choose a username:【ハンドルネーム】を入力する

Choose a password:【パスワード】を入力する

Sign Up and Connect Jetpack】をクリックする

設定

サイトをジャンプスタート

スキップ】をクリックする

パフォーマンスとセキュリティ

Photon、Protect、シングルサインオン、モニター:【無効

データバックアップ ※有料サービス

アクセスの増加

サイト統計情報:【有効

共有(Sharing)、パブリサイズ(Publicize)、関連投稿、拡張配信(Enhanced Distribution):【無効

他XX個の jetpack 機能を表示】をクリックする

または

プラグイン】>【インストール済みプラグイン】>【Jetpack by WordPress.com】と辿りながらクリックする

設定】をクリックする

サイト統計情報、追加サイドバーウィジェット:【有効化

9月26日 追記

追加サイドバーウィジェットを【停止】に設定すると、利用できるウィジェットに【人気の投稿とページ (Jetpack)】が表示されなくなるので注意すること

Beautiful Math、Gravatar ホバーカード、JSON API、Markdown、Photon、VideoPress、WP.me 短縮リンク、いいね、ウィジェット表示管理、カスタム CSS、カスタム投稿タイプ、カルーセル、コメント、コンタクトフォーム、サイトアイコン、サイトマップ、サイト認証、ショートコード埋め込み、シングルサインオン、スペルと文法、タイルギャラリー、パブリサイズ、プロテクト、メール投稿、モニター、モバイルテーマ、共有、拡張配信、無限スクロール、購読通知、関連投稿:【停止

データバックアップ

※一元管理と一括検索は、ここの項目でしか【停止】できない

※サイトアイコンは、【設定】をクリックすると、カスタマイズに移動する

※変更したい機能の上にカーソルを合わせると、【有効化】または【停止】が表示されるので、【有効化】または【停止】をクリックする

または

Jetpack】>【設定】と辿りながらクリックする

General タブ

通知、JSON API:【無効

Engagement タブ

サイト統計情報:有効

共有、パブリサイズ、関連投稿、コメント、いいね、Gravatar ホバーカード、サイトマップ、拡張配信、サイト認証:【無効

Security タブ

プロテクト、モニター、シングルサインオン:【無効

Security Scanning ※有料サービス

Akismet ※有料サービス

Site Backups ※有料サービス

Appearance タブ

追加サイドバーウィジェット:有効

タイルギャラリー、Photon、カルーセル、ウィジェット表示管理、カスタム CSS、無限スクロール、モバイルテーマ、Holiday Snow:【無効

Writing タブ

WP.me 短縮リンク、ショートコード埋め込み、VideoPress、コンタクトフォーム、スペルと文法、Markdown、メール投稿、Beautiful Math、カスタム投稿タイプ:【無効

使い方

ダッシュボード

サイト統計情報

すべて表示】をクリックする

アクセス数(日・週・月)、リファラ(今日・昨日)、検索キーワード(今日・昨日)、購読、人気の投稿とページ(今日・昨日)、クリック数(今日・昨日)を確認することができる。

※さらに詳細を確認したい場合は【概要】をクリックし、【統計ページに戻る】をクリックすればサイト統計情報に戻ることができる