iPadとアプリを使ってSkitchで電子黒板と同じ使い勝手を実現

Skitchとは、Evernoteが作っている画像注釈ソフト。

画像編集ソフトとして使われることが多いが、電子黒板アプリとしても活躍している。

関連記事:iPadやAndroidタブを使いmiyagiTouchで電子黒板を実現しよう

『iOSで使える何か良い電子黒板アプリはないか?』と聞かれたら、Skitchを勧めている。

説明書(公式サイトにある)を見なくても、直観的に使える点がオススメしている理由である。

2012年に存在を知ってから、今まで長きに渡って使っている。

画面キャプチャの機能が秀逸で、開発を終えた今でも、Windows版を未だに愛用している。

※最近、ScreenpressoPhotoscapeが少し気になる

iPad miniにインストールして使ってみた感想。

【テキスト】で文字入力後、上に表示されている【スイッチ】(aのマーク)をタップすると、文字を太くしたり、細くしたりできるのは便利。

【矢印】などデザインが独特で、Skitchで作ったと一目でわかる点があまり好きではない人もいるが、個人的には全体的にキュートでポップな感じがとても気に入っている。

Skitchで作ったものをDropbox・Google Drive・OneDriveなどクラウドストレージに保存できるが、事前にアプリをインストールしておく必要がある。

Skitch

インストール

App Store】をタップする

右上の検索バーに【Skitch】と入力する

候補一覧から【skitch】を選択してタップする

Skitch アイコン

入手】をタップする

インストール】をタップする

開く】をタップする

起動

今すぐ開始】をタップする

※動画の再生途中で【×】をタップすればスキップできる

設定

写真 (アルバム)

最後に追加した項目】【カメラロール】【スクリーンショット

写真は表示されるが、画面には何も表示されない

設定】>【プライバシー】>【写真】と辿りながらタップする

Skitch

レバーをタップして【ON】にする

カメラ

Skitch の使用中に位置情報の利用を許可しますか?

許可する】をタップする

カメラは起動するが、シャッターボタンをタップしても撮影できない

設定】>【プライバシー】>【カメラ】と辿りながらタップする

Skitch

レバーをタップして【ON】にする

地図

地図に描き込む

近辺】【住所

WEB

Web ページに描き込む

方法を確認

PDF

PDF に描き込む

※Skitch PDF 注釈機能はApp内課金 (240円)

描く

アイデアを描く

空白ページ】をタップする

設定

【Evernote】【カレンダー】【購入内容を復元】【Facebook でいいね!する】【Twitter でフォローする】

自動リサイズ 【ON】

クリック注釈カメラ 【ON】

共有後に「写真」にコピー 【ON】

Skitch の説明をメール/SMS に含める 【ON】

※【ON】または【OFF】に変更するときはレバーをタップする

【アクティビティログを表示】【規約・法務情報】【スタート画面を表示】

使い方

左側

サイズと色と選択

上から、【黒色】・【白色】・【ピンク色】・【青色】(水色)・【】(黄緑)・【黄色】・【オレンジ】・【赤色】(朱色)の8色

左から、【極細】・【細い】・【太い】・【極太】の4種類

右側

ツールを選択

上から、

モザイクツール】  ※画像のみ

顔文字

スタンプ

描く】 ペン・蛍光ペン

図形】 直線・円・正方形(角丸)・正方形

テキスト

矢印

上側

左から、【ひとつ戻る】【画像を切り取る】【すべての注釈をクリア回転

右上側

予定

”Skitch”がカレンダーへのアクセスを求めています

【許可しない】をタップする

共有

Evernote リンク】【メール】【Twitter】【Facebook】【メッセージ】【その他のアプリ

保存

Evernote へ】【写真】【クリップボード】【その他

Google DriveやOneDriveなどクラウドストレージに保存する

1段目の【その他】(【iCloudで共有】の右側)をタップする

編集内容を保存中です

アクティビティ

Google Drive・OneDrive

レバーをタップして【ON】にする

完了】をタップする

【その他】の選択画面に追加される

※事前にアプリをインストールしておく必要がある

クラウドストレージであるDropboxに保存する

2段目の【その他】(【プリント】の右側)をタップする

編集内容を保存中です

アクティビティ

Dropbox

レバーをタップして【ON】にする

完了】をタップする

【その他】の選択画面に追加される

※事前にアプリをインストールしておく必要がある

関連記事:Androidタブを使いmiyagiTouchで使いやすい電子黒板を実現