CORESERVERでドメインフォルダの作成とデータベースの設定

独自ドメイン取得後、ウェブベースのFTPクライアント(net2ftp)でドメインフォルダを作成して、その後にMySQLのデータベースを作成する。

VALUE DOMAINで独自ドメインを取得し、CORESERVERでレンタルサーバを確保していることが前提になる。

※CORESERVERの代わりに、VALUE SERVERXREAでも同じことができる

関連記事:VALUE DOMAINで独自ドメイン取得後のDNSと転送先URLの設定

ドメインフォルダの作成

ユーザーコントロールパネル

サーバー

コアサーバー】をクリックする

※VALUE SERVERは【バリューサーバー】、XREAは【XREA】をクリックする

アカウント@サーバー

サーバー設定】をクリックする

管理メニュー

ファイルマネージャ】をクリックする

ファイルマネージャ

ファイルマネージャにログイン】をクリックする

localhost

(root /)

public_html】をクリックする

(root /public_html)

ディレクトリ作成】をクリックする

新しいディレクトリを作成

新しいディレクトリ名: 【ドメイン】(xxxxx.xxx)を入力する

チェック】(Submit accesskey v)をクリックする

ディレクトリ xxxxx.xxx を作成しました。

※フォルダの削除

ドメインフォルダを作成すると、【xxxxx.xxx-nnnnnnnnnn】というフォルダが作成される

クリックしても、「このフォルダは空です」と表示されるだけなので、削除しても問題ない

】xxxxx.xxx-nnnnnnnnnn フォルダをチェックする

選択した項目の変更: (右上) 【削除】をクリックする

ディレクトリ、ファイルを削除

本当にファイル、ディレクトリを削除しますか?

ディレクトリ: xxxxx.xxx-nnnnnnnnnn

チェック】(Submit accesskey v)をクリックする

選択されたディレクトリ、ファイルが処理されました。

データベースの作成

ユーザーコントロールパネル

サーバー

コアサーバー】をクリックする

※VALUE SERVERは【バリューサーバー】、XREAは【XREA】をクリックする

アカウント@サーバー

サーバー設定】をクリックする

管理メニュー

データベース】をクリックする

MySQLの追加・編集

】選択 を選択する

DB/ユーザー名

アカウント_ 【   】(xxxxx)10文字以内に希望する文字列を入力する

パスワード

【   】(xxxxx)希望するパスワードを入力する

文字コード

UNICODE】を選択する

メモ

【   】20文字以内に説明を入力する(空欄可)

作成】をクリックする

※パスワード横の【確認】をクリックすると、接続サーバー名、DB名、DBユーザー名、パスワードを確認することができる

SS1.coressl.jp の内容

データベースを作成 (初期化) しますが宜しいでしょうか?宜しければOKを押してください。

OK】をクリックする

MySQL:アカウント_xxxxxで正常に送信されました。反映には1-3分程度掛かります。