CORESERVERでWordPressのインストールとwp-config.phpの設定

CORESERVERにWordPressを自動インストールして、その後にwp-config.phpを設定する。

※CORESERVERの代わりに、VALUE SERVERXREAでも同じことができる

ドメインフォルダを作り終えた上で、データベースも事前に設定していることが前提となる。

関連記事:CORESERVERでドメインフォルダの作成とデータベースの設定

WordPressのインストール

ユーザーコントロールパネル

サーバー

コアサーバー】をクリックする

※VALUE SERVERは【バリューサーバー】、XREAは【XREA】をクリックする

アカウント@サーバー

サーバー設定】をクリックする

管理メニュー

CGIインストール】をクリックする

WordPress (ブログ/CMS)

設置場所・パス

/public_html/ 【wordpress】

→ wordpressを【ドメイン】(xxxxx.xxx) に変更する

インストール】をクリックする

SS1.coressl.jp の内容

インストールしますが宜しいでしょうか?宜しければOKを押してください

OK】をクリックする

正常に送信されました。反映には1-3分程度掛かります。

wp-config.phpの編集

ユーザーコントロールパネル

サーバー

コアサーバー】をクリックする

※VALUE SERVERは【バリューサーバー】、XREAは【XREA】をクリックする

アカウント@サーバー

サーバー設定】をクリックする

管理メニュー

ファイルマネージャ】をクリックする

ファイルマネージャ

ファイルマネージャにログイン】をクリックする

localhost

(root /)

public_html】をクリックする

(root /public_html)

ドメインフォルダ】(xxxxx.xxx)をクリックする

(root /public_html/xxxxx.xxx)

wp-config-sample.php

編集】(右側の操作)をクリックする

MySQL 設定

(29行)

DB_NAME 【database_name_here】

→ database_name_here を【DB/ユーザー名】(アカウント名_xxxxx)に書き換える

(32行)

DB_USER 【username_here】

→ database_name_here を【DB/ユーザー名】(アカウント名_xxxxx)に書き換える

(38行)

DB_PASSWORD 【password_here】

→ database_name_here を【パスワード】に書き換える

認証用ユニークキー

(50行)

WordPress.org の秘密鍵サービス】(https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/)にアクセスする

※ブラウザのアドレスバーにURLを貼りつける

自動生成された秘密鍵の上で右クリックして、【すべて選択】をクリックする

右クリックして、【コピー】をクリックする

(57行-64行)

左クリックしながら選択する

右クリックして、【貼り付け】をクリックする

フロッピーディスク】(Save accesskey s) のアイコンをクリックする

状態:このファイルは yyyy-mm-nn hh:mm:ss に FTP_ASCII モードで保存されました

】(Back accesskey b) のアイコンをクリックする

ファイル名の変更

(root /public_html/xxxxx.xxx)

】wp-config-sample.php をチェックする

選択した項目の変更: 【名前の変更】をクリックする

古い名前: wp-config-sample.php

新しい名前: 【wp-config-sample.php】

→ wp-config-sample.phpを【wp-config.php】に変更する

チェック】(Submit accesskey v) のアイコンをクリックする

wp-config-sample.php は wp-config.php に変更されました。

関連記事: VALUE DOMAINで独自ドメイン取得後のDNSと転送先URLの設定