CORESERVERでWordPressを自動インストール後の更新作業手順

WordPressに限らず、セキュリティの点から、環境を最新の状態に保っておくことは重要だ。

※Windows 10については、更新する度に何か不具合が起きているので、少々疑問だが…

例えば、CORESERVERでWordPressを自動インストールした場合、導入されるバージョンは4.5となるが、最新版は4.61となっている(2016年10月時点)。

そこで、バージョンを4.5から4.61にアップデートする作業が必要となる。

関連記事:CORESERVERでWordPressセットアップとディスカッション設定

WordPressの更新

管理バーの【更新】 アイコン(左上にあるサイクルのアイコン)をクリックする

○件の WordPress 更新、○件のプラグイン更新、○件のテーマ更新

※【WordPress の更新】(http://xxxxx.xxx/wp-admin/update-core.php)に直接アクセスすることも可能

WordPress

WordPress の新しいバージョンがあります。

WordPress-ja に自動更新するか、手動でパッケージをダウンロードしてインストールできます。

今すぐ更新】をクリックする

WordPress を更新

○○○が正常に更新されました。

WordPress の更新を完了しました。

プラグイン

管理バーの【更新】 アイコン(左上にあるサイクルのアイコン)をクリックする

○件のプラグイン更新、○件のテーマ更新

※【WordPress の更新】(http://xxxxx.xxx/wp-admin/update-core.php)に直接アクセスすることも可能

プラグイン

次のプラグインに新しいバージョンがあります。更新したいプラグインを選択して「プラグインを更新」をクリックしてください。

すべて選択 をチェックする

プラグインを更新】をクリックする

プラグイン を更新

○○○の更新に成功しました。

すべての更新が完了しました。

テーマ

管理バーの【更新】 アイコン(左上にあるサイクルのアイコン)をクリックする

○件のテーマ更新

※【WordPress の更新】(http://xxxxx.xxx/wp-admin/update-core.php)に直接アクセスすることも可能

テーマ

次のテーマで新しいバージョンが利用できます。更新したいテーマを選択して「テーマを更新」をクリックしてください。

すべて選択 をチェックする

テーマを更新】をクリックする

テーマ を更新

○○○の更新に成功しました。

すべての更新が完了しました。

翻訳

翻訳

新しい翻訳が利用可能です。

翻訳を更新】をクリックする

翻訳を更新

翻訳が正常に更新されました。