WordPressのDefault featured imageでアイキャッチ自動挿入

WordPressのプラグインであるDefault featured imageをインストールしてみた。

Default featured imageを追加することによって、メディア(設定)にDefault featured imageという項目が現れて、ここで指定したアイキャッチ画像が自動で挿入される設定になる。

これまで投稿の編集や固定ページの編集で一回ごとに指定していて面倒に思っていたアイキャッチ画像設定の作業を省くことが可能になるので、作業効率も上がる。

投稿の編集画面では、アイキャッチ画像が空白となっているので焦ったが、サイト(インデックスリスト)を表示するとアイキャッチ(サムネイル)画像が表示されているのでほっとした。

ただし、Default featured imageの導入前に作成した投稿や固定ページは、これまでと同様に、それぞれの編集画面にて手動でアイキャッチ画像を指定してあげる必要がある。

→ 移動元のサイトのサムネイル画像(ファイル画像が存在しないときは、サイトでの表示は空白になる)が指定されている場合、アイキャッチ画像を手動で設定する必要がある。

余談だが、初めはWordPress Auto Featured Imageをインストールしたが、何度トライしてもサムネイル画像が指定できなかったので、Default featured imageを使うことにした。

関連記事:WordPressにプラグインをインストールして制作環境を整える

WordPressプラグイン

インストール

メニュー

プラグイン】>【新規追加

プラグインの検索

Default featured image】を入力する

Default featured image

今すぐインストール】をクリックする

有効化】をクリックする

プラグイン

プラグインを有効化しました。

設定

Default featured image

設定】をクリックする

または

設定】>【メディア

メディア設定

サムネイルのサイズ

幅【150】 高さ【150

中サイズ

幅の上限【300】 高さの上限【300

大サイズ

幅の上限【1024】 高さの上限【1024

ファイルアップロード

】アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理

Default featured image

Default featured image

Select default featured image】をクリックする

メディアライブラリタブ をクリックする

画像】を選択してクリックする

Select default featured image】をクリックする

変更を保存】をクリックする

設定を保存しました。