WordPress投稿と固定ページのエクスポートとインポート方法

WordPressで構築したサイトを移転する際、投稿や固定ページの記事、コメントを移動する作業が生じる。

幸い、WordPressには、エクスポート機能とインポート機能があるので、サイトを比較的簡単に再構築することができる。

インポートできるシステムは、WordPress以外に、Blogger、LiveJournal、Movable Type・TypePad、RSS、Tumblrなどに対応している。

関連記事:WordPressにプラグインをインストールして制作環境を整える

WordPress

エクスポート

メニュー

ツール】>【エクスポート

エクスポート

エクスポートする内容を選択

投稿

固定ページ

コンタクトフォーム

フィードバック

メディア

エクスポートファイルをダウンロード】をクリックする

※例えば、投稿記事をエクスポートするときは、ひとつ以上の投稿が公開されていないとカテゴリ一覧に表示されない

xxxxx.xxx から xxxxxxxxxxxx.xxxxxxxxx.nnnn-nn-nn.xml を開くか、または保存しますか?

保存】をクリックする

xxxxxxxxxxxx.xxxxxxxxx.nnnn-nn-nn.xml のダウンロードが完了しました。

×】をクリックする

インポート

メニュー

ツール】>【インポート

インポート

WordPress

インポーターの実行】をクリックする

※バージョンによって異なる

WordPress は別のシステムの投稿やコメントこのサイトにインポートできます。

WordPress】をクリックする

WordPress のインポート

アップロードするWXR(.xml)ファイルを選択し、クリックしてファイルをアップロードしてインポートします。

ファイルを選択】をクリックする

【xxxxxxxxxxxx.xxxxxxxxx.nnnn-nn-nn.xml】をクリックして選択する

開く】をクリックする

ファイルをアップロードしてインポート】をクリックする

※ブラウザの【戻る】ボタンで戻ってからもう一度やり直すと、見た目はファイルが選択されている状態であっても、【エラーが発生しました。】と表示されるので注意すること

投稿者の割り当て

インポートされたコンテンツを簡単に保存や編集できるようにするために、インポートされたアイテムの作成者をこのサイトの既存のユーザーに再度割り当てることができます。

インポートする投稿者

※原則はそのまま

新規ユーザを作成する。

ログイン名【xxxxx】を入力する

投稿を既存のユーザーに割り当てる

yyyyy】から選択する

添付ファイルのインポート

【□】添付ファイルをダウンロードしてインポートする

実行】をクリックする

すべて完了しました。ではお楽しみください!