CORESERVERでWordPressの削除前と削除後の.htaccess設定方法

リダイレクトの設定がなせSEO対策にとって重要なのか。

それは、301リダイレクトに関係してくるが、Googleなどの検索エンジンに、転送元のURLが持っている被リンクなどの評価を、転送先のURLに引き継がせることができるからだ。

簡単に言えば、これまでのサイトに対する評価が無駄にならないということを意味している。

WordPressからWordPressに移動する時は、プラグイン「Redirection」を使う方法が便利。

それでは、WordPressを削除した後、プラグインに頼れない状況になった場合、引き続きWordPressに移動させるにはどうすればよいのか。

そのときは、「.htaccess」を作成して、リダイレクトの設定を記述してあげれば良い。

gPadTeraPadなどテキストエディタはもちろん、メモ帳でも簡単に作ることができる。

.htaccess

WordPressあり

転送元URL http://abc.xxx/mno/pqr/adiary.cgi/0001

転送先URL http://xyz.xxx/def/0051

ソース URL 【/mno/pqr/adiary.cgi/0001

ターゲット URL 【http://xyz.xxx/def/0051

関連記事:WordPressプラグインのRedirectionで移動先に自動転送させる

WordPressなし

.htaccessの作成

デスクトップの適当な部分で右クリック

新規作成】>【テキスト ドキュメント

または

スタート】>【Windows アクセサリ】>【メモ帳

.htaccessの編集

共通

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

記事または固定ページ

redirect 301 /def http://xyz.xxx/ghi/

※【/def】は転送元のURL【http://abc.xxx/def】のうち、ドメイン【http://abc.xxx】を除いた部分を記述、そして転送先のURL【http://xyz.xxx/ghi】はフルで記述すること

カテゴリー

redirect 301 /category/jkl http://xyz.xxx/category/jkl/

※【/category/jkl】は転送元のURL【http://abc.xxx/category/jkl】のうち、ドメイン【http://abc.xxx】を除いた部分を記述、そして転送先のURL【http://xyz.xxx/category/jkl】はフルで記述すること

トップ

redirect 301 / http://xyz.xxx/

※【/】は転送元のURL【http://abc.xxx/】のうち、ドメイン【http://abc.xxx】を除いた部分を記述、そして転送先のURL【http://xyz.xxx/】はフルで記述すること

サンプル

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
redirect 301 /def http://xyz.xxx/ghi/
redirect 301 /category/jkl http://xyz.xxx/category/jkl/
redirect 301 / http://xyz.xxx/

ファイル】>【名前を付けて保存

または

キーボードの[Alt]を押しながら[F]を押し、さらに[A]を押す

ファイル名 【htaccess.txt

文字コード 【UTF-8

保存】をクリックする

.htaccessのアップロード

ユーザーコントロールパネル

サーバー

コアサーバー】をクリックする

※VALUE SERVERは【バリューサーバー】、XREAは【XREA】をクリックする

アカウント@サーバー

サーバー設定】をクリックする

管理メニュー

ファイルマネージャ】をクリックする

ファイルマネージャ

ファイルマネージャにログイン】をクリックする

localhost

(root /)

public_html】をクリックする

(root /public_html)

abc.xxx】をクリックする

(root /public_html /abc.xxxxx)

アップロード】をクリックする

ファイル

ファイルを選択】をクリックする

htaccess.txt】を選択する

開く】をクリックする

緑色の【チェック印】(Submit accesskey v)をクリックする

青色の【】(Back accesskey b)をクリックする

htaccess をチェックする

右上の【名前の変更】をクリックする

.htaccess】に変更する

緑色の【チェック印】(Submit accesskey v)をクリックする

htaccess.txt は .htaccess に変更されました。

関連記事:adiaryからWordPressに自動転送するための.htaccess設定方法

スポンサーリンク

シェアする

フォローする