WordPressプラグイン更新時にHTTP ERROR 500が発生したとき

WordPress本体のアップデートやプラグイン・テーマ・翻訳の更新など、WordPressが何かしら作業しているときに中断してしまうと、メンテナンスモードが解除されなかったり、HTTP ERROR 500が発生することがある。

メンテナンスモードがそのまま続いている状態であれば、該当ファイル(.maintenance)を削除すればすぐに解除されるので問題ないが、HTTP ERROR 500が発生した時がやっかいだ。

※HTTP ERROR 500とは、WEBサイトの作成方法に原因がある時に表示されるエラーコード

それでも、原因のもとを断てば元に戻るようになるので、そこまで慌てる必要はない

対処方法としては、エラーの発生したプラグインなどのフォルダをまるごと削除すれば良い。

問題点は、プラグインやテーマなどの設定が初期化されてしまうので、もう一度設定し直すのが手間であることだ。

関連記事:WordPressでメンテナンスモードの状態を手動で解除する方法

HTTP ERROR 500

※内部サーバーエラー

作業手順

解除方法

FFFTPFileZilla ClientなどFTPクライアントでFTPサーバにアクセスして、該当する【プラグインなど】のフォルダをまるごと削除すれば、HTTP ERROR 500は表示されなくなる。

※プラグインは /public_html/xxxxxxxx.xxx/wp-content/plugins、テーマは /themes、翻訳は /languages/languages/plugins/languages/themesの中にある

CORESERVERの場合

net2ftp(ウェブベースのFTPクライアント)でFTPサーバにアクセスして、該当する【プラグインなど】のフォルダをまるごと削除すれば、HTTP ERROR 500は表示されなくなる。

※プラグインは root /public_html /xxxxxxxx.xxx /wp-content /plugins 、テーマは /themes 、翻訳は /languages/languages /plugins ・/languages /themes の中にある

関連記事:CORESERVERでドメインフォルダの作成とデータベースの設定