MediaHuman Audio Converterを使いFLACをAACやMP3形式に変換

自動車の中でも、カーオーディオにiPod touchをつないで音楽を聴いている。

音楽データは、CDからデータファイルに変換しているので、FLACファイルで管理している。

しかし、FLACファイルだと、1曲(5分)でおおよそ30MBを消費する。

iPod touchは、私が使っているモデルが比較的容量の大きな64GBとはいえ、HDDやSSDのような大容量のストレージではないので、FLAC形式だとあっという間に空き容量がなくなる。

※音楽用のHDDに保存しておく分には、FLACファイルで何ら問題ない

そこで、iPod touchには、FLACではなくAAC(以前はMP3)ファイルで取り込んでいる。

AAC(256kbps)やMP3(320kbps)を選ぶことにより、1/3の10MB程度で済んでいる。

MediaHuman Audio Converter

ダウンロード

MediaHuman Audio Converter にアクセスする

りんご】(左側) アイコンをクリックする

右上の【】(ダウンロードを表示します) アイコンをクリックする

ダウンロード

MHAudioConverter.dmg】をダブルクリックする

MediaHuman Audio Converter】(左側)を【Applications】(右側)にドロッグ&ドロップする

インストール

アプリケーション

MediaHuman Audio Converter】をダブルクリックする

“MediaHuman Audio Converter”はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?

開く】をクリックする

設定

デフォルトの設定を変更するとき

MediaHuman Audio Converter】>【Preferences

(MediaHuman Audio Converterを選択した状態で、左上メニューに表示される)

Output タブ

Output format

出力フォーマット 【AAC(M4A)】【MP3】【WMA】などを選択する

ビットレート 【stereo, 44100Hz, 256kbps】などを選択する

Output folder

【□】Convert to source folder (同じフォルダに保存するときはチェック)

保存先フォルダ ※保存先を変更するときは【…】をクリックする

Search cover art automatically

【■】DiscOgs 【■】Last.fm 【□】Google Images

【□】Add to iTunes (compatible formats only)

【□】Keep folder structure (if source file is located in root folder)

Close】をクリックする

使い方

音楽ファイルをドロッグ&ドロップする

左側から4番目の【アイコン】(Output Format) をクリックする

Output Format (出力フォーマット)

AAC(M4A)】【MP3】【WMA】などを選択する

※例えば、FLACからAACに変換するときは【AAC(M4A)】を選択する

Samplerate (サンプルレート)

stereo, 48000Hz】【stereo, 44100Hz】などを選択する

※ハイレゾや自分で設定したいときは、【Custom】を選択する

Custom

Output Format (出力フォーマット)

Channels (ステレオ・モノラル)

Samplerate (サンプルレート)

OK】をクリックする

Close】をクリックする

↑↓】(Start conversion) アイコンをクリックする

【ミュージック】に【Converted by MediaHuman】という名前のフォルダが作られて、その中に変換したファイルが保存される

Mac miniを買ってから、iPod touchの管理は、WindowsからMac OS X環境に変わった

これまでWindowsのノートパソコンにインストールしていたiTunesを、データをバックアップしてからアンインストールし、Mac環境のiTunesに音楽ファイルやアプリなどを移行した。

しかし、当時Macには、FLACからAACやMP3ファイルに変換する手頃なソフトがなかった

MediaHuman Audio Converterを見つけるまで、Windows環境でBonkEnc(現fre:ac)やxrecode IIを使って変換していたが、その度にWindows環境で作業するのが面倒だった。

ファイルをドラッグ&ドロップすればワンクリック変換されるので、作業効率も向上した。