気軽に使えるイヤホンを購入するにあたっての条件定義

最近、新しいイヤホンが欲しくなった。

そこで、購入する商品の条件について、少し考えてみることにした。

最も優先するのは価格。

安ければ安いほど大歓迎だが、予算としては5,000円以下で販売されているもの、できれば3,000円以下がベスト。

断線したり、紛失したりしてしまっても、大きく落ち込まずに済むからだ。

以前、Philips SHE9850を7,800円で購入したが、できるだけ傷をつけたくなかったので、それほど使わずにイヤホンケースに仕舞ったままとなっている。

そういったこともあって、もう少し気軽に使える製品に買い替えようと考えた。

※同時期、ヨドバシでは12,800円で売られていた

また、外で利用することとなれば、時には扱いも雑になってしまいがちなので、断線がしにくいよう、ケーブルは少し太めが良いと思う。

ただし、ケーブルの表面加工によっては、タッチノイズが発生してしまうので、選べる機種が限られてしまう。

音の傾向についてだが、3,000円または5,000円で求められる音質は限られる上、外では聞こえづらい環境なので、音質よりは聞こえやすい製品を選ぶのが良いかな。

私の場合、据え置きのピュアオーディオとは真逆の音の傾向を求めるようにしている。

家では長く聴いていても飽きの来ないナチュラルサウンド、外ではノリノリになれる軽いドンシャリサウンド。

実際、今使っているUltrasone HFI-450(ヘッドホン)は、聴いていて心地よい音を奏でているが、あくまでも作られた音であり、オーディオファイラーの多くが目指しているHi-Fi(原音)サウンドとは程遠い。