スピーカーケーブルを買い直すにあたっての条件定義

数日前、とあるアクシデント(詳細は、別の機会にでも…)により、スピーカーケーブルやオーディオ用の電源タップなどを廃棄することになった。

そこで、手始めに、新たにスピーカーケーブルを買うことにした。

これまで使っていたIxos XHS243Wは、非常に気に入っていたが、残念ながら片方 (R側)を廃棄することになった。

そこで、折角の機会だとポジティブに捉えて、新たなスピーカーケーブルを購入することにした。

1.海外の製品(ヨーロッパ、アメリカ)
2.英国のオーディオ雑誌「What Hi-Fi?」で評判の良い、ケーブルのメーカー
3.むやみに音をいじらない、音の解釈を変えない、どの音域も極端に誇張しない
4.素材は無酸素銅線 (OFC)
5.線のコーティングは、なし・錫・銀のいずれか
6.被覆が丈夫でありながら、できるだけ細いケーブル
7.実売価格は2,000円/m前後まで、できれば1,000円/mまでのベーシックな製品

上記の条件のうち、1を含むを4つ以上満たしている製品は、以下のようになった。

Black Rhodium T-90 (2,020円~/m)
Black Rhodium T50 (780円~)
Chord CARNIVAL Classic (945円/m)
inakustik INCOG-0.75C (210円~/m)
inakustik STAR-0.75CT (120円~/m)
Ixos XHS133 (210円~/m)
Linn K20 (1,330円~/m)
Linn K10 (680円~/m)
Qed Silver Micro (1,260円~/m)
Qed Micro (650円~/m)
Supra CLASSIC 2.5H (780円~/m)
van den Hul VDH-T7 (1,470円~/m)
van den Hul VDH-T8 (780円~/m)