Sotec HDC-1LでオーディオPC向けLubuntuの設定と音楽の再生方法

Sotec HDC-1LのOSをMicrosoft Windows 8 ProfessionalからLubuntuに変更した。

前回の続き。

今回は、HDC-1LをオーディオPCとして活用するための設定について触れたいと思う。

余談だが、Lubuntuのインストールや前回の基本設定を含めて、他のパソコンであっても、LinuxでPCオーディオを始めたい方に十分通用するはずだ。

私の場合、以前の記事でも触れているが、(1)ソフトの動作が軽い、(2)FLACが再生できる、(3)高音質での音楽再生が可能(JACK Audio Connection Kitに対応)、(4)Last.fmのプラグインがあるの4点がすべて揃っていることが条件となる。

全ての条件を満たしているソフトは、DeaDBeeFAudaciousの2つ。

ともにFLACファイルの再生に対応しており、Last.fmへの対応もプラグインの追加なしで可能だ。

導入の敷居は、JACKがプラグイン追加なしで済むAudacious、DeaDBeeFの順。

音楽再生の手順

メニュー

サウンドとビデオ

QjackCtl

Setup

Settings

>】をクリックし、サウンドデバイスを選択する

SOTEC HDC-1L】にチェックがあるか確認する

OK】(変更あり) または【キャンセル】(変更なし)をクリックする

Start】をクリックする

メニュー】 (画面の左下)

サウンドとビデオ

Audacious

または

メニュー】 (画面の左下)

サウンドとビデオ

DeaDBeeF

曲を選択し、再生する