Sotec HDC-1LでLubuntuにJACK Audio Connection Kitの導入と設定

Sotec HDC-1LのOSをMicrosoft Windows 8 ProfessionalからLubuntuに変更した。

前回の続き。

今回は、HDC-1LをオーディオPCとして活用するため、「JACK Audio Connection Kit」の導入と設定について触れたいと思う。

JACK Audio Connection Kitのインストール

メニュー (画面の左下) > 設定 > Synaptic パッケージマネージャ

パスワード】を入力する

上部にあるメニューの【検索】をクリックする

検索の入力フォームに【jack】と入力する

キーボードの【Enter】を押す

検索結果の一覧から【jack】をクリックする

インストール指定】をクリックする

マーク】をクリックする

qjackctl】をクリックする

インストール指定】をクリックする

マーク】をクリックする

上部にあるメニューの【適用】をクリックする

リアルタイム実行優先度の設定を有効にしますか?】にチェックを入れる

進む】をクリックする

閉じる】をクリックする

JACK Audio Connection Kitの設定

メニュー (画面の左下) > サウンドとビデオ > QjackCtl

Setup】をクリックする

「Settings」タブ

Preset Name hd-audio

Name 【(default)】

Driver 【alsa】

※名称は何でも良い

Parameters

Server Prefix 【/usr/bin/jack】

※【Realtime】【Unlock Memory】【Soft Mode】にチェックを入れる

Priority 【89】

Frames/Period 【1024】

Sample Rate 【44100】

Periods/Buffer 【2】

Port Maxiumum 【256】

Timeout (msec) 【500】

Interface 【hw:2】

※【>】をクリックし、サウンドデバイスを選択する

※【SOTEC HDC-1L】にチェックを入れる

Dither 【None】

Audio 【Duplex】

Input Device 【(default)】

Output Device 【(default)】

Channels I/O 【(default)】【(default)】

Latency I/O 【(default)】【(default)】

Midi Driver 【(none)】

Server Suffix 【空欄】

Start Delay 【2 secs】

Latency 【46.4 msec】

OK】をクリックする