X Lossless Decoderを使ってMacでCDをロスレスに変換しよう

Mac OS Xの環境で、CDからロスレスファイルに変換する場合、音質の良いX Lossless Decoder(XLD)が定番の変換ソフトだ。

多くの方がaudirvana plusとともに使っている。

その他にも、fre:acTunesify (600円)などの変換ソフトがあるが、Windows環境とは異なり、それほど種類は多くない。

なお、CDからALAC(Apple Lossless)に変換するのであれば、新たに変換するソフトを導入せず、プリインストールされているiTunesで行える。

X Lossless Decoder (入手方法)

tmkkの物置きの X Lossless Decoder: Lossless audio decoder for Mac OS X から手に入る

X Lossless Decoder (インストール方法)

Finder のアイコンを右クリックし、 【新規Finderウィンドウ】をクリックする

Safariの右上にある【】 (ダウンロードを表示します)をクリックし、【xld-dmg】をダブルクリックする

XLD のアイコン】をFinder の左横にある【アプリケーション】にドラッグ&ドロップする

X Lossless Decoder (ショートカットの作り方)

ドッグの【Launchpad】をクリックする

X Lossless Decoder】をダブルクリックして起動する

ドックに表示された【X Lossless Decoder】を右クリックする

オプションDock に追加】をクリックする

X Lossless Decoder (初回起動)

“XLD”はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?

開く】をクリックする

「 “XLD” は開発元が未確認のため開けません。」と表示された場合

アップル】 【システム環境設定】 【セキュリティとプライバシー】 【 一般

“XLD” は開発元が未確認のため、開けませんでした。

このまま開く】をクリックする

X】をクリックして設定を閉じ、変更を反映させる

X Lossless Decoder (設定方法)

XLD 【環境設定 【一般出力フォーマット

AIFF】 → 【FLAC

出力先

入力ファイルと同じ】 → 【指定 (/Users/xxxxxxx/Music)

最大スレッド数

4】 → 【2

XLD】 > 【環境設定】 > 【バッチ処理

ディレクトリの構造を維持する】のチェックを外す

※お好みで

XLD】 > 【環境設定】 > 【CDDB

CDDBのデータをローカルにキャッシュし、優先して使う】にチェックを入れる

ディスクやCueシートを開いた際に自動的に接続する】にチェックを入れる

XLD】 > 【環境設定】 > 【メタデータ

変換前にタグを編集】にチェックを入れる

XLD】 > 【環境設定】 > 【CD読み込み

C2エラーの情報を利用する】にチェックを入れる

ディスク挿入時に自動的に開く】にチェックを入れる

読み込みが正常に終了した場合、ディスクを排出する】にチェックを入れる

X Lossless Decoder (使い方)

ファイル】 > 【オーディオCDを開く】 > 【CDタイトル名アルバムアートが No Image の場合、画像をドラッグ&ドロップすれば適用される

※メタデータを修正する場合、【タグを編集】をクリックする

読み込む

Log が表示される