Windows 10でMusicBeeを使いFLACデータを再生し音楽を楽しむ

OSをWindows 7からWindows 10に無償アップグレードしたことを機に、オーディオPCをMac mini Late 2012(MD387J/A)からIntel NUC Kit(NUC5CPYH)に変更した。

Mac miniをオーディオPCとして使っていた時は、VOXで音楽を再生していたが、OSをMac OS XからWindowsに変更したので、音楽再生プレーヤーも変更することになった。

関連記事:Windows 10でiFI nano iDSDを使いオーディオに接続する方法

Windowsで条件に合う音楽プレーヤーは、AIMPfoobar2000MediaMonkeyMusicBeeなどがある。

※音質に定評があり、ASIO出力とアップサンプリングに対応、そしてLast.fmにScrobbleする

上記の音楽プレーヤーの中で、初めから日本語化されていて、プラグインを足さなくてもASIO出力アップサンプリング(ハイレゾ)・Last.fmに対応しているMusicBeeにすることにした。

今後、音楽再生プレーヤーを変更する可能性もまだ残されているが…。

MusicBee

MusicBeeのダウンロード

getmusicbee.comのMusicBeeにアクセスする

Download Now For Windows】 をクリックする

Installer Edition

MIRROR 1】をクリックする

MusicBeeSetup_X_X_Update.zip で行う操作を選んでください。

保存】をクリックする

MusicBeeSetup_X_X_Update.zip のダウンロードが完了しました。

フォルダーを開く】をクリックする

MusicBeeのインストール

MusicBeeSetup_X_X_Update.exe】をダブルクリックする

この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?

はい】をクリックする

Welcome to the MusicBee Setup Wizard

Next】をクリックする

License Agreement

I Agree】をクリックする

Choose Install Location

Install】をクリックする

※インストール先のフォルダを変更する時は、【Browse】をクリックする

Completing the MusicBee Setup Wizard

■【Run MusicBee

■【Create Desktop Shortcut

Finish】をクリックする

select your preferred language:

日本語】を選択する

Next】をクリックする

ようこそMusicBeeに – ライブラリに音楽ファイルを追加しますか?

□【Windows Media Libraryからのトラックやアークワークのインポート】

□【iTunesからのトラックとアートワークのインポート】

□【次のフォルダにある、既存のトラックとアートワークのスキャン】

キャンセル】をクリックする

MusicBeeの設定

】>【設定

メインパネルで使用するビューを変更するにはメインパネルの左上にある’トラック’ボタンをクリックして下さい。

OK】をクリックする

メニューから【プレイヤー】をクリックする

プレーヤー

出力 【ASIO】を選択する

※WASAPI出力の場合は【WASAPI】を選択する

サウンドデバイス 【○○○○○

※iFI nano iDSDの場合は【iFi (by AMR) HD USB Audio】を選択する

■【リサンブルする】にチェックを入れる

192K】を選択する

※48kHzまでの対応は【48】、96kHzまでの対応は【96】を選択する

適用】をクリックする

メニューから【プラグイン】をクリックする

last.fm (無効)

再生したトラックをLast.fmにScrobbleします

有効】をクリックする

ユーザー名 【○○○○○

パスワード 【○○○○○

ログイン】をクリックする

last.fm

再生したトラックをLast.fmにScrobbleします

□【ポータブルデバイスで再生したトラックをscrobbleする】

□【ポッドキャストはscrobbleしない】

起動時にLast.fmからライブラリに同期

□【再生回数を同期】

□【”Love”トラックを同期】

保存】をクリックする

スポンサーリンク

シェアする

フォローする