CDプレーヤーを購入するにあたっての条件定義

現在、音楽再生プレーヤーとして利用しているHDC-1Lにて、Apple Lossless(ALAC)、MP3、CDを聴いている。

ALACやMP3を再生している時は、ほぼ無音で快適。

でも、同じプレーヤーでCDを再生すると、CDドライブの唸る音が耳に入って来て、純粋に音楽を楽しむことができない。

foobar2000からCDの静音再生に定評あるSound Player Lilithに変更してみたが、それほど静かにならなかった。

『CDの再生を諦めれば良いのではないか』と言われるかもしれないが、ALACとCDで同じ曲を掛けた場合、CDに軍配が上がる。

また、過去のメディアや規格だからと言って、そう簡単に捨てることもできない。

何しろ、CDラックやダンボールの中に、少なく見積もったとしても、シングルCDとCDアルバム、併せて500枚ほどある。

それに、パソコンに音楽を取り込んだ後も、たまにその曲のCD版を聴きたくなる。

予算は、それほど割けないので、RCAピンケーブルを含めて5万円以内にすることにした(※1)。

オーディオマニアではなく音楽マニアなので、性能としても十分だと思う。

ただし、日本よりも英国など海外で評価の高い製品の中から選ぶつもりだ(※2)。

≪購入条件≫

・新品で実売価格5万円以下(RCAピンケーブルを除いた場合、43,400円以下)

・CDを静かに再生できる

・音楽性のあるサウンドを奏でる

・壊れにくい、且つその機器特有の不具合を抱えていない(※3)

・重量はそれほどない(現在使っているプリメインアンプと同様、7.3Kg以下)

---

※1.van den Hul D-300MK3+Inakustik PC-807 1.0m(6,600円)。
※2.「WHAT HiFi SOUND & VISION」の評価などを参考。
※3.故障したC.E.C CD2100が手元にあるが、直す予定は今のところない。トレーの精度が繊細かつ一部のCDが再生できなかったからだ(特にCD-R)。

販売されていた当時、この価格帯の製品では音楽性豊かなサウンドで断然良かっただけに、非常に残念である。