Windows 8に1,200円でアップグレードできるキャンペーンが始まった

Windows 8に関する最近の情報としては、5月31日にRelease Preview版がリリースされ、また6月2日からWindows8に1,200円でアップグレードできるキャンペーンが開始された

今回発表された「Windows8 優待購入プログラム」の対象となるのが、6月2日以降から翌1月31日までにWindows 7がプリインストールされたパソコンを買ったユーザか、DSP版のWindows 7を買ったユーザとなる。

Windows 7のバージョンは、Home Premium・Professional・Ultimateに限る。

ネットブックの多くに搭載されているStarterは対象外となる。

Windows 8 Professionalへのアップグレート(ダウンロード版)となるので、もし今からWindows 7を購入するのであれば、Home Premium(コストパフォーマンスが高い)かProfessional(Windows Xpが使える等)版を導入して待つのが良さそうだ。

なお、既存のWindows 7を搭載したPCユーザーに対しても、Windows 8発売時の優待購入プログラムが準備される模様。