Pioneer BDR-207DBK/WS-ブルーレイ再生ソフト-

少し前に、パイオニアのブルーレイドライブ (BDR-207DBK/WS)を購入した。

ドライブの細かい感想については割愛するが、Blu-rayを見ていても、ディスクの再生音は全く気にならなかった。

AACSやCPRM対応のブルーレイ再生ソフトとなると、市販ソフトしか存在しない。

もし付属品で済まそうと思う場合、ブルーレイドライブ(特にバルク品)を購入する時に注意が必要である。

※DBK/WSに付属しているPowerDVD 10は、アップデートしてもAACSキーが更新できなくなったので、型番にWSのついていないDBKを買った方が良い

・ArcSoft Theatre 2 (3,790円~)
・Corel WinDVD Pro 11 (6,263円~)
・CyberLink PowerDVD12 Ultra (8,908円~)

体験版も準備されているので、購入する前に現在のPC環境にて動作確認が可能だ。

例えば、Theatre 2のBlu-ray再生環境では、CPUは「Intel Core2 Duo E6700 2.66GHz」以上と謳っているが、「E6600 2.40GHz」でも快適に視聴できた。

Theatre 2は「体験版ダウンロード」、WinDVD Pro 11は「体験版をダウンロード」、PowerDVD 12は「体験版ソフトをダウンロード」からそれぞれダウンロードすることが出来る。

amazon.co.jpでもTheatre 2PowerDVD12 Ultraの体験版をダウンロードすることが可能だ(クレジットカード・VISAデビットvプリカなどが必要となるが)。

・ArcSoft Theatre 2 [TotalMedia Theatre 5] (15日間) ※
・Corel WinDVD Pro 11 (30日間) ※
・CyberLink PowerDVD12 (30日間) ※

※CPRMには未対応