Lenovo ThinkPad Edge E430-初期状態のウィルスとスパイウェア混入確認-

 

パソコンを新しく導入したり、OSを再インストールまたはクリーンインストールする時は、その後に行う、セキュリティソフトを使ったウィルス、スパイウェア、マルウェアなどのチェックと駆除作業が欠かせない。

少し前に、Microsoftが特定の国で製造されたパソコンからマルウェア (Nitol)などを検出したと公表したが、それに関わらず、いつもチェックしている。

なお、今回購入したLenovoでは、「検出されず」という公式発表を行っている。

 

Microsoft Safety Scanner

検出されず

Spybot – Search & Destroy

Smitfraud-c.gp

eScan Antivirus Toolkit

Object “XLG Security Center Corrupted Adware/Spyware” found in File System!
Action Taken: Entries Removed.

File Q:AUTORUN.INF infected by “Fujack“Virus! Action Taken: Deleted

Microsoft Security Essentials

検出されず

 

これまで購入後すぐのリカバリCD作成直後やWindows OSを再インストールまたはクリーンインストールした直後でも、2~3つのスパイウェアやマルウェアが検出されているので、今回の結果には特に驚いていない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)