Acer AXC603-A12D-Desktop PC-

現在使っているメインパソコンは、Acer AXC603-A12Dである。

3月に買ったときは19,800円(NTT-X Store)だったが、一度売り切れた後に19,980円となり、その後24,980円~25,980円へと値上げし、現在は31,800円で売られている。

19,800円で買った割になかなか使える。

確かに、メモリーが2GBしか積んでいないので、同時に複数の作業をさせると、しばらくフリーズしてしまう時がある。

ただ、CPUの性能はCore 2 Duo 8400に相当するので、無暗に負荷をかけなければ、快適に利用できる。

CPUのTDPが10Wというのも、エコの観点から見て魅力的だ。

一緒に使っている液晶モニター(28.4W)とスピーカー(2.0W)を合わせても、50Wに満たない。

私が買って間もなく、AXC603-A12Dの後継モデルであるAXC603-H14D2が発売された。

けれども、基本仕様はほどんど変わっていない。

※(カッコ)内はAXC603-H14D2

CPU:Intel Celeron J1900 (同じ)
RAM:2GB (4GB)
HDD:500GB (同じ)
光学ドライブ:DVDマルチドライブ (同じ)
ビデオ機能:オンボード (同じ)
サウンド機能:オンボード (同じ)
有線LAN:あり (同じ)
無線LAN機能:なし (IEEE 802.11b/g/n)
OS:Windows 8.1 with Bing 64bit (Windows 8.1 Update 64bit)

仕様で変わった点は、RAMが4GBになったこと、無線LAN機能が追加されたこと。

仕様があまり変わっていないにもかかわらず、大幅に値上げした理由は、パーツ自体の値上がりだけではなく、メモリーを4GBにアップグレードしたので、OSライセンス料のかからないWindows 8.1 with Bing 64bitが使えなくなったからだと考えられる。

AXC603-A12Dの保証はなくなるが、メモリーの増設と無線LANアダプターを足した方が安い。

例えば、ADATA ADDS1600W4G11-R+Buffalo WLI-UC-GNM2で4,638円~、ADATA ADDS1600W4G11-R+Buffalo WLI-UC-G301Nでも5,312円~の追加投資で済む。

※4月30日 追記

Team ノートPC用メモリ DDR3 1600MHz PC3-12800 ECOパッケージ 3,980円

Mac mini Late 2012のメモリー容量を追加した時に余ったメモリーがあるので、私も適切な時期(保証が切れた後が望ましいが…)にメモリーを増設しようと思っている。

Acer AXC603-A12D (31,800円~)
Acer AXC603-H14D2 (48,161円~)

ADATA ADDS1600W4G11-R (3,959円~)
Buffalo WLI-UC-GNM2 (909円~)
Buffalo WLI-UC-G301N (1,583円~)