Windows11時代に備えてIntel第3世代Celeron G1610の自作パソコンをリプレース計画



今回、自作パソコンのパーツを入れ替えようと考えたきっかけは、以下の理由からだ。

①Windows 11のアップグレード環境に対応したパソコンがない。
②CPUがIvy Bridge(Intel 第3世代)時代のCeleronなので、パソコンで同時に複数の作業をさせた時にフリーズすることがある。

なお、メインパソコンの環境はWindowsからMacに移ったため(この話は別の機会にでも…)、今回はできるだけ予算を抑えるために、マザーボード、CPU、メモリ以外は現在使っているパーツを再利用する計画を立てることにした。

現在の構成(Ivy Bridge)今後の構成(Comet Lake-S)
マザーボードASRock B75M R2J
(B75/LGA1155)
ASUStek Pro H510M-C/CSM
(H510/LGA1200)
CPUIntel Celeron G1610
(Ivy Bridge/2.60GHz/2MB/1333MHz)
Intel Core i3-10105
(Comet Lake/3.70GHz/6MB/2666MHz)
メモリTeam TED38192M1600C11DC
(DDR3/DIMM/PC3-12800/4GB x2)
crucial CT8G4DFRA32A
(DDR4/DIMM/PC4-25600/8GB x2)
記憶装置1Micron CT250BX100SSD1
(SATA3/250GB/MLC)
記憶装置2Toshiba DT01ACA100
(SATA600/1.0TB/7200rpm/32MB)
記憶装置3Western Digital WD30EZRX-1TBP
(SATA600/3.0TB/5400rpm/64MB)
グラフィックIntel HD GraphicsIntel UHD Graphics 630
サウンドJBL PEBBLES (B)
ネットワークRealtek Gigabit LAN 10/100/1000 Mb/s
(Realtek RTL8111E)
Intel 1GB Ethernet
ワイヤレスElecom WDC-433DU2HBK
電源ユニットSeasonic SS-520GB
(520W)
ケースSilverStone SST-TJ08-EJ
(MicroATX Tower)
OSMicrosoft Windows 10 Pro (64bit)

予算は、マザーボードが13,000円、CPUが14,000円、メモリが8,000円の合計約35,000円。

選んだ条件は、以下の理由からだ。

①マザーボード (Pro H510M-C/CSM):古 (いにしえ)の拡張カード接続仕様 PCIバス がある。
②CPU (Core i3-10105 3.7GHz):コストパフォーマンスの良さ。
③メモリ (CT8G4DFRA32A 16GB):価格重視。

マザーボードは、最新のIntel 第12世代対応の製品にDirac (DIR-EB262-C13)のライザーカード(PCIeからPCIに変換)を増設するか、一世代前ではあるがIntel 第10・11世代のPCIバスがある製品を選択するかで迷った。

CPUは、上位モデルのIntel 第11世代のCore i5-11400 (2.6〜4.4GHz)とIntel 第10世代のCore i3-10105 (3.7〜4.4GHz)で比較したが、6コア12スレッドと4コア8スレッド、三次キャッシュが12MBと6MBで多少の違いはあるけれども、それでも約8,000円の価格差は大きい。

メモリは、自作パソコンを組み立てた当時、メモリの価格が高止まり傾向で割高だったために容量を8GBで抑えたが、今回は価格が高騰していないので16GBに倍増する予定。

OSは、しばらくの間、安定性重視のためにWindows 10で運用しようと考えている。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました