Geanee WDP-71をWin10 Anniversary Update更新できるか否か

2015年7月29日に開始した、Windows 7やWindows 8.1からWindows 10に無償アップグレードできる期間が、ハワイ時間の7月29日0時(日本時間の30日19時)をもって終了した

※障碍者向け支援技術利用者を対象にしたWindows 10の無償アップグレードは続いている

Windows 10の大型アップデートである「Windows 10 Anniversary Update」(Redstone 1)が日本時間の8月2日26時(8月3日2時)から提供予定になっている。

※前回の大型アップデート(ビルド 10586・バージョン 1511)は、2015年11月12日に行われた

Geanee WDP-71の場合、CPUはIntel Atom Z3735G(1.3GHz)と必要十分ではあるが、一方でRAM(メモリ)の1GBはもちろん、ストレージはたった16GBしか載っていない。

前回の大型アップデート(1511)を行うときも、ストレージに16GBの空き容量が必要となったが、今回の大型アップデートでも16GBの空き容量が必要になる。

※Windows 10の32ビット版はストレージに16GB、Windows 10の64ビット版はストレージに20GBの空き容量が必要になる

関連記事:Geanee WDP-71をWin10 Anniversary Update適用方法と注意点

WDP-71は、ストレージの空き容量に全く余裕がないので、Windows Update(アップグレード アシスタント)を使って大型アップデートすることができない。

そこで、Windows 10へのアップグレードや前回の大型アップデート時と同様、メディア作成ツールでISOファイルをダウンロード又はインストール用USBメモリを作成してアップデート作業を行う。

※WDP-71と同じように、ストレージの容量が少ないIntel Compute Stick STK1AW32SC[Cherry Trail]やSTCK1A32WFCL[Bay Trail]のようなスティックPCも同じ方法でアップデートすることになる

不安な点として、Windows 10(ビルド 14393・バージョン 1607)の最小メモリサイズが1GBから2GBに増えていること。

WDP-71が「Windows 10 Anniversary Update」にアップデートできるかどうか心配だ。

関連記事:Geanee WDP-71をWin10 Anniversary Updateに更新手順と設定