Intel第11世代Core i5-11400とAMD第3世代Ryzen 5 5600Gのどちらが良いか

自作パソコンにPCIバスのテレビチューナーを引き続き載せるため、マザーボードにPCIeからPCIに変換するライザーカードを使って取り付けるのであれば、IntelのCPUやチップセットにこだわる必要はないのではないかと考えた。

そこで、内臓GPU(グラフィック機能)を有している、Intel Core i5-11400とAMD Ryzen 5 5600Gを比較してみることにした。

Intel第11世代
(Rocket Lake-S)
AMD第3世代 Ryzen Processor
(Cezanne)
マザーボードASUStek PRIME B560M-A
(B560/LGA1200)
10,980円
ASUStek TUF GAMING B550-PLUS (B550/Socket AM4)
15,340円
CPUIntel Core i5-11400 (2.60GHz/12MB/2666MHz)
21,980円
AMD Ryzen 5 5600G
(3.90GHz/16MB/3200MHz)
25,884円
CPUクーラーScythe 虎徹 MarkII Rev.B
SCKTT-2100
3,980円
Scythe 虎徹 MarkII Rev.B
SCKTT-2100
3,980円
メモリmicron CT2K8G4DFS832A
(DDR4/PC4-25600/8GB x2)
7,180円
micron CT2K8G4DFS832A
(DDR4/PC4-25600/8GB x2)
7,180円
グラフィックIntel UHD Graphics 730AMD Radeon 7 Graphics
PCケースZalman T8
3,000円
ライザーカードディラック DIR-EB262-C13
6,369円
ディラック DIR-EB262-C13
6,369円
合計50,489円61,753円
セット割引55,763円 (-5,990円)

純粋な価格差は11,264円だが、CPU+マザーボードをセット割引で購入すると5,274円

現在使っているPCケースは、Micro-ATXマザーボードまで対応する製品のため、5,000円以下かつATX対応PCケースのZALMAN T8 (3,000円)、Enermax Fulmo.Q (3,300円)、Enermax PABYS PB30 (4,300円)、DeepCool MATREXX 55 V3 (4,980円)の導入を想定している。

すでにATXマザーボード対応のPCケースを持っているのであれば、価格差は8,264円まで縮まる。

※1 PCケースを買い足さずに、初めからMicro-ATX対応マザーボードのGigabyte B550M S2H (9,799円)やASUStek PRIME B550M-K (12,419円)を載せる選択肢もあるが、ASUStek TUF GAMING B550-PLUS (15,340円)の性能もコストパフォーマンスが良くて捨てがたい…。

※2 PCケースを買い足さずに、SilverStone Temjin TJ08 Evolution (Micro-ATX対応)とIntel Core-i5 8400が載っている自作パソコンのPCケース (Cooler Master Elite 361,ATX対応)の中身をそっくり入れ替える方法もあるが…。

それでは、Intel Core-i5 11400より8,000円以上高いAMD Ryzen 5 5600Gにする利点は何か。

Nvidia GeForce RTX 3050やAMD Radeon RX 6500 XTのような、外付けグラフィックボード(ビデオカード)を使うのであれば、Intel、AMDどちらのCPUを使っても気にする必要はない。

しかしながら、グラフィック機能を内臓GPUに頼る場合、Ryzen 5 5600G内臓GPUの性能だと、Euro Truck Simulator 2+MOD追加の状態や中量級のゲームでもそこそこ快適にプレイすることができる。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました