Core i5-8400の自作パソコンにRX6600ビデオカード追加とメモリ24GBに増加

これまで、Core i7-4770の自作パソコン、Core i5-8400の自作パソコンの両方を候補に構成の強化策を練ってきたが、これからしばらくの間使って行くことを考えると、第4世代(Haswell)よりも第8世代(Coffee Lake)とより新しいCore i5-8400の自作パソコンをゲーミングPCとして仕立てることにした。

さて、Core i7-4770の自作パソコンは、今後どうやって使っていこう…。

現在の構成強化後の構成
マザーボードASRock Z370M Pro4
(Z370/LGA1151)
14,487円 (Sofmap)
CPUIntel Core i5-8400
(2.8GHz~4.0GHz/9MB/2666MHz)
22,979円 (Dospara)
CPUクーラーGelid Solutions SlimHero
CC-Shero-01-A
3,480円 (Sofmap)
CPUグリスAinex PA-080
(信越化学工業株式会社製 G-747)
273円 (amazon)
親和産業 OC Master 1g
SMZ-01R-01
0円 (amazon 以前に709円で購入)
メモリCorsair CMK8GX4M2A2666C16
(DDR4/DIMM/PC4-21300/4GBx2)
12,096円 (メモリーショップ・アーク)
Corsair CMK8GX4M2A2666C16
Corsair CMK16GX4M2A2666C16
(DDR4/DIMM/PC4-21300/8GBx2)
4,960円 @2,480円 (じゃんぱら)
記憶装置1Apacer AST680S
(SATA600/128GB/MLC)
4,980円 (あきばお〜)
Micron CT250BX100SSD1 250GB
(SATA600/250GB/MLC)
0円 (TSUKUMO 当時7,980円で購入)
記憶装置2Western Digital
WD5000AAKX-22RMA0 500GB
(SATA600/7200rpm/16MB)
0円 (Acer AXC603-A12Dから移設)
記憶装置3Western Digital
WD40EZRZ-RT2 4.0TB
(SATA600/5400rpm/64MB)
8,847円 (amazon)
グラフィック1Intel HD Graphics 4600
グラフィック2Sapphire
PULSE Radeon RX 6600 8GB GDDR6
SAP-PULSERX6600-8GB/11310-01-20G
42,980円 (TSUKUMO)
サウンドRealtek ALC892 HD-Audio
ネットワークIntel I217-V
10/100/1000 Mb/s
ワイヤレスIO DATA WN-AC867U
2,559円 (amazon)
電源ユニットAntec NeoECO GOLD
NE550G (550W)
9,584円 (Dospara)
PCI Express用
電源変換アダプタ
Ainex PX-PCIE8CO
750円 (ヨドバシ)
PCI Express用
電源延長ケーブル
Ainex PX-008A
748円 (ヨドバシ)
ケースCooler Master Elite 361
RC-361-KKN1-JP
(ATX Tower)
7,469円 (amazon)
ケースファン
(トップ)
Scythe KAZE FLEX 120 PWM
SU1225FD12M-RHP
1,274円 (Dospara)
ケースファン
(サイド)
Scythe KAZE FLEX 120 PWM
SU1225FD12M-RHP
1,274円 (Dospara)
OSMicrosoft Windows 10 (64bit)

主な変更点。

メモリ:CorsairのCMK16GX4M2A2666C16 (PC4-21300 8GBx2 計16GB)を追加で導入して、 CMK8GX4M2A2666C16 (PC4-21300 4GBx2 計8GB)と合わせて計24GBで使用。

当初、CPUクーラー (Gelid Solutions SlimHero CC-Shero-01-A)の全高が低く(59mm)、ヒートスプレッダにメモリが引っ掛かって2枚しか挿さらないので、Corsair CMK8GX4M2A2666C16 (PC4-21300 2枚組 8GB)をCMK16GX4M2A2666C16 (PC4-21300 2枚組 16GB)に換装予定だった。

けれども、CPUクーラー (CC-Shero-01-A)の設置方向を変更したところ、ヒートスプレッダにメモリが干渉せずに4枚挿さるようになったので、CMK8GX4M2A2666C16CMK16GX4M2A2666C16の両方を挿して、メモリの合計を16GBではなく24GBで使うことにした。

記憶装置 (SSD):Micron CT250BX100SSD1 (SATA600/MLC) 250GBに換装。

これまで、CドライブはApacer AST680S (SATA600/MLC)128GBというSSDを使っていたが、Cities: SkylinesなどSteamのゲームをインストールすると、SSDの空き容量に余裕がなくなってOS更新に支障をきたしそうなので、手元で余っているMicron CT250BX100SSD1 250GBに換装した。

なお、Apacer AST680Sは、別のパソコンで使用する予定。

ビデオカード:Sapphire PULSE Radeon RX 6600 8GB GDDR6 SAP-PULSERX6600-8GB/11310-01-20Gを選択。

コストパフォーマンス及びワットパフォーマンスの良さフルHD (1920×1080)環境で問題なく遊べる環境を構築できる、Intel製グラフィックチップ(ARK)の載ったビデオカードが夏に発売延期になったという4つの理由から、ビデオカードのグラフィックチップはRadeon RX6600を選ぶことにした。
※6/15、中国GUNNIRはIntel Arc A380(エントリークラスのGPU)が載った製品を発表した。

当初、Radeon RX6600搭載のビデオカードでは最安値だったASRock Radeon RX 6600 Challenger ITX 8GBを載せる予定だったが、ファンが2つ以上ある製品の方が基本的によく冷却できるので、たまたま週末セールで安く販売されていたSapphire SAP-PULSERX6600-8GB/11310-01-20Gを載せた。

なお、Sapphire SAP-PULSERX6600-8GB/11310-01-20Gは、動作させるために補助電源(8ピン×1)の供給が必要になるが、コネクタに挿し易くするために、PCI Express用電源変換アダプタと電源延長ケーブル(Ainex PX-PCIE8CO, Ainex PX-008A)を追加購入した。(スリムPCケースでは必須…)

CPUグリス:親和産業 OC Master 1g SMZ-01R-01を選択。

CPUグリスの選定理由については、過去の記事を参照。

Intel 第8世代 Core プロセッサは、Windows 11を公式にサポートしているので、BIOSの更新とTPM2.0・セキュアブート有効化の設定変更を行なって、今後Windows 10からWindows 11にアップグレードしようと考えている。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました