Google Pixel 6aのモバイルデータ通信環境の確保 (格安SIM•シェアSIM)

Google Pixel 4aでは、これまでNTTドコモのタイプSS バリュー (FOMA, 3G回線, nano SIM)と楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VII (4G回線, eSIM)の組み合わせで運用して来た。

NTTドコモのタイプSS バリュー (FOMA)は、音声通話とSMSで使用して、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VII (4G)は、データ通信とRakuten Linkを通じて音声通話とSMSで使用している。

早速、Google Pixel 6aでもGoogle Pixel 4aと同じSIMで運用をしようと思って同様の設定をしたが、残念ながらPixel 6aではFOMA (3G)+楽天モバイル (4G)の組み合わせで使うことは出来なかった

Google Pixel 4aは、Google Pixel 6aにデータ移行後、初めはデータ通信のSIM (eSIM)を新規契約して、仕事用のスマートフォン(ブラウザ、レコーダ、カメラ機能で利用)として使おうと考えていた。

しかしながら、Google Pixel 6aではFOMA回線 (音声通話・SMS)が使えないことが判明したので、Google Pixel 4aは引き続きFOMA (nano SIM)+楽天モバイル (eSIM)の組み合わせで運用して、Pixel 6aは別の音声SIMとデータ通信SIMを新規契約することにした。

そこで、Google Pixel 6aの使い方(主にブラウザ・メール・日常の買い物アプリ・カメラ機能で利用)に適した音声通話プランとデータ通信プランを調査してみた。

Povo2.0

BIGLOBE mobile
楽天モバイル

IIJmio
Povo2.0

IIJmio
通話プラン

データプラン
5分以内
通話かけ放題

シェアSIM
(データ)
Rakuten
UN-LIMIT VII

ギガプラン
(データ)
5分以内
通話かけ放題

ギガプラン
(データ)
SIMの種類SIM (BIGLOBE)

eSIM (Povo2.0)
SIM (楽天モバイル)

eSIM (IIJmio)
SIM (Povo2.0)

eSIM (IIJmio)
初期費用
(契約事務
手数料)
0円 (Povo2.0)
3,300円 (BIGLOBE)
0円 (楽天モバイル)
3,300円 ( IIJmio)
※550円 (〜8/31)
0円 (Povo2.0)
3,300円 (IIJmio)
※550円 (〜8/31)
SIMカード
発行
(契約事務
手数料)
0円 (Povo2.0)
433円 (BIGLOBE)
0円 (楽天モバイル)
220円 (IIJmio)
0円 (Povo2.0)
220円 (IIJmio)
月額770円 (税込)1,518円 (税込)990円 (2GB) (税込)
1,210円 (4GB) (税込)
通話5分以内通話かけ放題
(Povo2.0)
国内通話はかけ放題
※Rakuten Link 利用時
(楽天モバイル)
5分以内通話かけ放題
(Povo2.0)
SMS3.3円/通 (送信時)
※70文字
(Povo2.0)
無料
※Rakuten Link
利用時
(楽天モバイル)
3.3円/通 (送信時)
※70文字
(Povo2.0)
データ通信3GB (BIGLOBE)3GB (楽天モバイル)

2GB (IIJmio)
2GB (IIJmio)
4GB (IIJmio)
小計 (月額)4,049円 (税込)
+682円
3,895円 (税込)
+528円
3,367円 (2GB) (税込)
±0円
3,587円 (4GB) (税込)
+220円
ユニバーサル
サービス料
2.2円
(Povo2.0)
2.2円
(楽天モバイル)
2.2円
(Povo2.0)
電話リレー
サービス料
1.1円
(Povo2.0)
1.1円
(楽天モバイル)
1.1円
(Povo2.0)
合計 (月額)4,058円 (税込) 3,904円 (税込)3,376円 (2GB) (税込)
3,596円 (4GB) (税込)
条件*Povo2.0 新規契約
*BIGLOBE mobile
シェアSIM 追加
*BIGLOBE mobile 解約
*楽天モバイル 新規契約
*IIJmio 新規契約
*BIGLOBE mobile 解約
*Povo2.0 新規契約
*IIJmio 新規契約

結論は、これだけ調査しながら、IIJmioのギガプラン 2GB (eSIM)だけ追加することにした。

よって、通信費全体(NTTドコモ+BIGLOBE+楽天モバイル+IIJmio)は月々3,807円 (ユニバーサルサービス料電話リレーサービス料を含まない)、現在と比較すると+440円の通信費の増加になる。

当初、Povo2.0 (5分以内通話かけ放題)+BIGLOBE mobile (シェアSIM)、その他にBIGLOBE mobile (データプラン 3GB)を解約して、Povo2.0+楽天モバイル (Rakuten UN-LIMIT VII)、Povo2.0+IIJmio (ギガプラン 2GB)の組み合わせも考えたが、どの組み合わせもいまいち納得がいかないので見送った。

※例えば、BIGLOBE mobileのシェアSIMを利用するには、契約事務手数料としてSIMカード追加手数料 3,300円 (税込)+SIMカード準備料 433円が必要だったり、BIGLOBEを解約するとモバイルWi-Fiルータが使えなくなったり、IIJmioでデータ通信を統一すると契約事務手数料が新たに必要だったり…。

最終的に、Google Pixel 6aは、既存契約の楽天モバイル (eSIM)を割り当てて、Google Pixel 4aは既存契約のFOMA (nano SIM)と新規契約のIIJmio (eSIM)を割り当てた。

FOMAとIIJmioの組み合わせであれば、Google Pixel 4aでFOMAが通信不可にならなかったし、ほとんどWi-Fi環境で使っていることもあって、1ヶ月のデータ通信量が0.3GBに満たないので (my 楽天モバイルで確認)、データ量が2GBあれば問題ないはず(余ったデータ量が翌月に繰り越されるだろう…)。

それ以外に、既存契約のBIGLOBE mobileのデータプラン 3GB (micro SIM)もあるが、外出時のノートパソコンのインターネット接続や楽天モバイルのエリア圏外など電波が掴めない場所のバックアップ回線として、引き続きNec Aterm MR02LN (モバイルWi-Fiルータ)で使い続けようと思う。

なお、NTTドコモのタイプSS バリュー (FOMA)は、2026年3月31日でサービスが終了するので、それまでにタイプSS バリュー (FOMA, 3G)からはじめてスマホプラン (4G・5G)に変更するつもりだ。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました