Sony BDP-S6500に合う音楽ジャンルとは

楽曲のレビューは、あまり得意ではないので、普段はそれほど行わない。

今回は、せっかくCDプレーヤーをSony BDP-S6500に新調したので、お気に入りのCDアルバムを中心に頑張って書いてみた。

関連記事:Sony BDP-S6500をCDプレーヤーとして評価してみた

最近発売されたCDアルバムがないのは気にしないことにした…。

冬の東京 / 裕木奈江

CDアルバム「」より。

中学生当時、「裕木奈江のシチュータイム」(文化放送)を聴いていたくらいに好きなアーティスト(アイドル)だった。

個人的に、未だ色あせない名曲だと思っている。

そして、「冬の東京」の次に収録されている「りんごでもいっしょに」も大好きな曲。

彼女の心地よいヴォイスを余すところなく表現しているので、聴いていて楽しい。

Where I’m Headed / Lene Marlin

CDアルバム「Playing My Game」より。

学生時代、女友だちの家で聴いて気に入ったので、それからすぐ手に入れた。

彼女のやさしいヴォーカルと言葉の微妙な感情の雰囲気をしっかり表現している。

※現在、ピュアオーディオにハマった元凶のひとつ…

tears in heaven / Eric Clapton

CDアルバム「unplugged」より。

学生時代、後輩のアパートで聴いて気に入ったので、これまたすぐ手に入れた。

アコースティックギターによる演奏なので、機器の性能や方向性を確認する時にも使えるので重宝している。

ギターの弦の音と拍手が終わる時の余韻(フェードアウト)をうまく表現している。

All Along / The Offspring

CDアルバム「Conspiracy Of One」より。

学生時代、同じ学年のPunk Rock好きな友人に勧められて借りたCDの中でとても気に入ったので手に入れた。

ノリの良さスピード感ドラムの演奏音をしっかりと表現している。

Eine kleine Nachtmusik Serenade in G,K.525 Menuett (Allegretto) / Wolfgang Amadeus Mozart

CDアルバム「THE BEST of MOZART」(PHILIPS)より。

初めて買ったクラシックのCDアルバム。

バイオリンの音が心地よい。演奏のテンポが速い部分もしっかり表現している。

サウンドがすっきりとしているので、クラシックとの相性は抜群。

バラードやアコースティックとの相性もなかなか良い。

ナチュラルなサウンドなので、音を薄く感じて物足りないと思う方もいるかもしれない。

BDP-S6500は、メインのCDプレーヤーとして十分使える。

※CDプレーヤーとしてであれば、下位モデルのSony BDP-S1500でも同じ役割を果たす