ポータブル環境でも、MP3からFLACへの完全移行を開始

ポータブルオーディオの音楽再生ファイルを、MP3(非可逆圧縮)からFLAC(可逆圧縮)へ移行することにした。

iPhoneでもFLACで再生できる目処がついたからだ。

これまでは、家のパソコンで聴く場合のみ、FLAC(その前は、同じ可逆圧縮のALAC)で音楽を再生していた。

その機能を実現してくれたソフトは、「FLAC Player」。

App Storeにて、1,200円で売られている。

確かに、純正のiPodと比べても機能が少ない、ファイル管理(表示!?)に不具合を抱えているなど未完成な部分があり、割高に感じるところもある。

それでも導入する価値は大いにある。

iPhoneに転送するためだけに、MP3(192kbps)をリッピングせずに済むからだ。

これまでは、CDからFLACだけではなく、同時にMP3も作らなければならなかった。

今後は、CDからパソコンに取り込むとき、1度のリッピングで事足りそうだ。