Sotec HDC-1L-LubuntuでDeadBeeFの導入と設定

Sotec HDC-1LのOSをMicrosoft Windows 8 ProfessionalからLubuntuに変更した。

前回の続き。

今回は、HDC-1LをオーディオPCとして活用するため、「DeaDBeeF」の設定について触れたいと思う。

1.DeaDBeeFの入手

 公式サイトから「debubuntu package i686」をダウンロードする

2.DeaDBeeFのインストール

 メニュー (画面の左下) > アクセサリ > ファイルマネージャ PCManFM

ユーザアカウント (左側) > ダウンロード

deadbeef_i386.deb】をダブルクリックする

パッケージをインストール】をクリックする

パスワード】を入力する

閉じる】をクリックする

3.DeaDBeeFへJACKプラグインの導入

 公式サイトからJACK output plugin (i686)を【ダウンロード】する

メニュー (画面の左下) > アクセサリ > ファイルマネージャ PCManFM

ユーザアカウント (左側) > ダウンロード

ddb_jack-i686.zip】をダブルクリックする

Pluginsフォルダの【ddb_jack.so】をデスクトップ上などに解凍する

「場所」から「ディレクトリツリー」に変更する

/ (root)>opt>deadbeef

ツール > rootユーザとして現在のフォルダを開く

パスワード】を入力する

lib > deadbeef

先ほど解凍した【ddb_jack.so】を移動する

4.DeaDBeeFの設定

 メニュー (画面の左下) > サウンドとビデオ > DeaDBeeF

編集 > 設定

「音声」タブ

出力プラグイン 【JACK output plugin】

「プラグイン」タブ

last.fm scrobbler】を選択する

設定】をクリックする

Scrobblerを有効にする】にチェックを入れる

ユーザー名 【Last.fmのユーザー名

パスワード 【Last.fmのパスワード

Scrobble URL 【http://post.audioscrobbler.com/

OK】をクリックする

閉じる】をクリックする