20万円以下でハイレゾかつDSDファイル再生可能な環境を実現-ローコストオーディオで音楽三昧

最近、徐々にではあるが、ハイレゾやDSDファイルのラインナップが充実しはじめている。

CDのように手元に残せるまたはジャケットやライナーノーツもコレクションの一部であると考えている人には抵抗があるかもしれないが、実物のCDよりもiTunesやレコチョクなど音楽ダウンロードが売れていることを考えると、データでも構わない人が多くなっている証拠だ。

そこで、ハイレゾやDSDに対応したオーディオシステムが必要になる。

パソコンで音楽を聞いている人は、現在使っているサウンドデバイスをハイレゾ・DSD対応のUSB DACに変更または追加し、再生プレーヤーを導入すれば(DSD)、再生環境が出来上がる。

では、なぜUSB DAC+アンプ+スピーカーの予算の上限を20万円に設定したのか。

それは、USB DAC+アンプ+スピーカーにオーディオ専用パソコン、インシュレーター・オーディオケーブル・電源ケーブル・電源タップ・スピーカースタンドなど足りないまたは必要になるものを合わせて、初級者オーディオの予算の目安である30万円を想定をしているからだ。

予算が限られても、ポイントを押さえておけば、本格的なオーディオを楽しむことができる。

関連記事:DSDファイルの再生に対応した据え置きオーディオ向けUSB DAC

オーディオシステム

5万円まで

CyberDrive  HR-ED315AW-CB (6,400円~) ※DSD256 (11.2MHz)

Onkyo CR-555(S) (21,493円~)

Pioneer S-CN301-LR (18,466円~)

audio-technica AT361A/1.0 (526円~)

合計 46,885円~

8万円まで

Onkyo CR-N765(S) (32,500円~) ※DSD128 (5.6MHz)

Onkyo UWF-1 (1,830円~)

Dali ZENSOR 1 (30,472円~)

合計 64,802円~

10万円まで

iBasso D14 (30,240円~) ※DSD256 (11.2MHz)

Onkyo A-9010 (23,000円~)

Monitor Audio BRONZE 2 (45,276円~)

合計 98,516円~

15万円まで

iFi nano iDSD (27,540円~) ※DSD256 (11.2MHz)

Marantz PM6006 (45,424円~)

Elac Debut B5 (56,430円~)

合計 129,394円~

20万円まで

iFi micro iDSD (70,642円~) ※DSD512 (22.4MHz)

Marantz PM6006 (45,424円~)

Dali OPTICON 1 (77,760円~)

合計 193,826円~

予算があまりない人または部屋のインテリアに気をつかっている人は、CR-N765のようなハイレゾ・DSD対応ミニコンポのレシーバーにすれば、USB DAC+プリメインアンプの部分がレシーバー1台で済むので、予算を抑えられるまたは部屋の風景に溶け込ませることができる。

それぞれのプランのテーマは、5万円までの組み合わせはコストパフォーマンス、8万円までの組み合わせはシンプル、10万円までの組み合わせはロックに適した環境、15万円までの組み合わせはナチュラルサウンド、そして20万円までの組み合わせはDSD512対応となっている。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする