Sony x-アプリでハイレゾ音楽を再生しよう

Windowsでハイレゾ音源を再生する場合、よく使われるフリーソフトはfoobar2000である。

音質にはそこそこ定評ある音楽再生プレーヤーだ。

拡張性も高く、プラグインを追加すれば多くの機能が実現できる。

少し前に話題となった、ハイレゾロゴを初めて取得したオーディオPCのabee AD-K1A-SVでも、カスタマイズされたfoobar2000が採用されている。

私自身も、Windows環境で音楽再生していた以前は、foobar2000を使っていた。

しかしながら、foobar2000を実際に使えるようにするには、パッチやプラグインを別途追加する必要がある。

少なくとも、高音質の環境で再生するには、foobar2000 localization patch(日本語パッチ)、 foo_dsp_resampler(再サンプリング周波数変更プラグイン)、ASIO support(ASIO出力プラグイン)またはWASAPI output support(WASAPI出力プラグイン)が必要になる。

FLACファイルの再生はデフォルトで対応しているので、プラグインの導入は不要だ。

ただ、ALAC(Apple Lossless)ファイルを再生するにはALAC decoderLast.fmのプレイリストに再生した曲を反映させるにはAudioscrobbler(Last.fm連携プラグイン)を追加することになる。

ASIO非対応のオーディオデバイスでASIO出力する場合、さらにASIO4ALLのインストール作業が発生する。

意外と面倒だ…。

しかしながら、Sony X-アプリを使えば、ASIO・WASAPI出力どちらでもX-アプリのみで済む。

ASIO非対応のオーディオデバイスのみ、上記のASIO4ALLのインストールが必要になる。

同じSonyのMedia Goと連携している、音楽情報の取得がGracenoteに対応している点が魅力的。

一方で、Last.fmとの連携に非対応な点が残念だ。

また、FLACの再生には対応しているが、ALACの再生には対応していない

なお、ALACファイルの再生機能とLast.fmの連携がどうしても必要な場合は、MusicBeeがオススメだ。

Media Goと組み合せて使わないのであれば、MusicBeeの方が使い勝手は良い。

インストール (X-アプリ)

次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?

はい

X-アプリ インストーラーへようこそ

次へ

使用許諾契約

※使用許諾契約書に同意します

次へ

”MDウォークマン” MZ-RH1 をご使用のお客様へ

※チェック不要

次へ

インストールの種類

カスタム

次へ

インストール先のフォルダー

次へ

指定のフォルダーは存在しません。作成しますか?

はい

拡張子の関連付け

※FLACのみにチェック

次へ

ショートカットの作成

※ショートカットが不要な場合は、チェックを外す

次へ

インストールの開始

インストール

※X-アプリは正常にインストールされました、

チェックはそのまま

完了

パソコン内のファイルをX-アプリに取り込みます

※[ミュージック]フォルダーのチェックを外す

OK

設定 (X-アプリ)

ツール>設定>オーディオ出力設定

出力モード (DirectSound → ASIOまたはWASAPI※排他) ※Windows Vista SP1以降

OK (次回からこのメッセージを表示しない)

適切なオーディオデバイスを選択

出力フォーマット (おまかせ設定 → 手動)

量子化ビット (16bit → 24bitまたは32bitから選択)

サンプリングレート (44100Hz → 96000Hz/192000Hz/384000Hzのいずれか)

OK

ツール>設定>ファイルの自動取り込み

任意のフォルダーの追加

マイミュージック>Media Go

OK

OK

オーディオPC・オーディオ機器のリンクと価格一覧

abee AD-K1A-SV (172,584円~) ※本体のみ
abee AD-K1A-SV (194,184円~) ※本体+スピーカー (Onkyo GX-100HD)
abee AD-K1A-SV (215,676円~) ※本体+スピーカー (Onkyo GX-500HD)
abee AD-K10A-SV (248,184円~) ※本体+DAC (Onkyo DAC-1000)
abee AD-K10A-SV (280,584円~) ※本体+DAC+スピーカー (Onkyo GX-500HD)